忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター/Martin K.Yairi アコースティックギター/ウクレレ 専門店のスタッフブログです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
先日のブログにて子猫を飼い始めたことを書かせて頂きましたが、予想以上に反応がありました。
「子猫可愛いですね」とか「可愛らしい姿にケンシロウという名前が面白い」等、ありがたいお言葉をいただき、いつものブログネタより明らかに反応が多いことを実感致しました。

そこで、以前にテレビで見かけた事を思い出しました。

“テレビでは、子犬、子猫等を取り上げると高い視聴率が安定して稼げる”

そうです。これはブログにも当てはまるのです。

基本的には、子犬、子猫を嫌いな方はあまりいないと思いますが、大まかに、犬派、猫派、どちらも大好きという方に分類されると思います。テレビで見た情報では、猫派の方が犬派に比べて圧倒的に猫グッズを集める傾向にあるそうで、また、猫のグッズは犬に比べて圧倒的に多く販売されているそうです。

これは、猫という動物の愛らしさが、いかに、キャラクター化しやすいか!そんな物が根底にあるのではないでしょうか。

実際に猫は、犬と比べて非常に写真写りが良いと感じます。

ちなみに私は犬も飼ったことがあるので、どちらも好きですが、飼っていて楽なのは猫だと断言します。基本的に、エサは盛りっぱなし、一日一回トイレを掃除し、水も新鮮なやつを入れておく。
これだけです。

犬は、毎日の散歩が楽しくもあり、大変でもあるのですが、毎日散歩の時間をしっかりととれる余裕と体力があれば飼うことは楽しいと思います。

まあ、どちらにしろ、犬も猫も飼い主を癒してくれる素晴らしい生き物なので、これからはこのブログで多く取り上げていきたいと思います。










PR

 
↑最初はこんな感じ・・・

先日、子猫を飼い始めました。

箱に入れて捨てられていた子猫を保護し、面倒を見始めたのですが、とても小さく、良い状態とは言えませんでした。
顔は目やにがびっしり、瞼を開ける事も出来ず、また、くしゃみと鼻水が出るので心配になりましたが、ぬるま湯で何度も顔をこすると瞼が数ミリ開き、買ってきた小猫用の缶詰(離乳食)も少しずつ食べておりました。

次の日、動物病院で診察していただくと
・生後30日~40日くらい
・ウイルス性の鼻炎になっている
・ノミが大量にいる
・目やにがひどいので目薬をまめにしなければならない
・体温も低い

との事でした、先生が「ノミがあまりにもひどいので、ホントだったらこのくらい小さい子にはやらないのだけど、やってしまうね!」と、ノミ駆除のスプレーを体中に吹きかけると、なんと、全身から黒い粒(ノミ)が浮かび上がりピョンピョン飛び跳ねたそうです。
栄養も足りないため、抗生剤(?)を注射していただき、体が小さい為、薬品で背中が舞の海のように膨れ上がったそうです。

その後、体に垂らして使うノミ駆除薬フロントラインを頂き、自宅で安静との事で連れて帰りました。

飼い始めて11日、いまではすっかり元気を取り戻し、リビングで仰向けになって寝ております。



実は、私の家には元々、リンちゃんという可愛らしい猫がいるのですが、リンちゃんは15歳。
やはり、すぐには新ネコを受け入れる事が出来なくて、極端に近づくと「シャー」とか「フギャー」とか「ウウウウウ」とか奇声をあげます。

少しずつ距離が縮まってきましたが、いつか2匹が仲良くなってくれる事をなんとなく期待しております。



ちなみに、子猫は男の子であったため、「ケンシロウ」と命名しました。














石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

弦楽器フェアの前日、北海道旅を終え逞しくなった小俣君と猿島へ釣りに行って参りました。

品川から京浜急行で横須賀中央まで行き、三笠桟橋まで徒歩10分。



1時間おきに出ている渡船で猿島へ(約10分)向かいます。



島内は「東京湾を守る要塞」らしく、レンガ造りの洞窟、トンネルが張り巡らされており、弾薬庫、砲台跡などが点在しております。



坂道や階段を上って下りて、若干ハードでしたが釣りポイントに到着。
ほぼ初心者の小俣君とさっそく釣り開始!



20㎏くらいの重い竿を持っているかのような独特なスタイル。

私はリール無しのノベ竿にハリ、ガン玉、ウキだけ付けて投入。
2投目でいきなり釣れました。



小俣君越しに勢いよく飛び跳ねるお魚。
爆釣の予感。
特に今回はビギナーズラックが発動され、小俣君が大物を釣り上げる予定でした。

しかしその後2人揃ってエサ取り(ウミタナゴ)に苦戦。

結局、開始直後のこの一匹以外、釣り上げることが出来ず16時過ぎに納竿。



沈みゆく夕日に雪辱を誓い合い、帰って参りました。

今回の釣りで思ったことは、大きな針でエサを取られ続けるより、小さな針を用意して、エサ取りも片っ端から釣り上げた方が楽しいのではないか?ということです。

というわけで、この考えを即実行するべく、先日、ギター製作家兼釣り師、込山氏と逗子に行って参りました。

その模様は次回。
石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

弦楽器フェア、無事に終了しました。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

木ペグ、シープレス、でもゴルペ板無し、というとても使い道に困る仕様の楽器でしたが、いかがでしたでしょうか。

実はフェア前日に大塚でギター教室を主宰されている吉住先生(※いつもお世話になりまくり)が、ご厚意で雑司ヶ谷にあるホールを借りてくださり、そこにギタリストの金庸太さん(※いつもお世話になりまくり)が駆けつけてくださり、至れり尽くせりの環境で音を聞くことが出来ました。

人、環境、機材がそろえばこうなります。

吉住先生、金さん、本当にありがとうございました。

来年の弦楽器フェアも皆様よろしくお願い致します。









10月30日(金)~11月1日(日)まで、科学技術館にて「2015弦楽器フェア」が開催となります。
バイオリン、チェロ等の弦楽器からクラシックギターまで、内外の弦楽器が集まり、期間中は展示している楽器を試奏することが可能で、名演奏家によるコンサートも行われます。

黒澤楽器も昨年以上に名品を出展し、全国からお越しいただくお客様をご案内させていただきます。

全国のギターファンの皆様、この機会をお見逃しなく。

また、当店リペアマンの栗山大輔氏の新作も展示されます。こちらの商品は個人製作家のブースの方にありますのでご注目下さい。
なんと、31日に行われる松田弦氏のコンサートで栗山ギターが急遽使用されることとなりました。
こちらのコンサートの方もご覧ください!

連日、黒澤楽器店のスタッフも会場におりますのでお気付きの方は遠慮なく声をおかけください。※わたくし石井は31日におります。

会場でお会いしましょう!!















カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]