忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター/Martin K.Yairi アコースティックギター/ウクレレ 専門店のスタッフブログです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
【ベルンド・マルティン 40周年記念モデル 入荷!】

 ※全世界8本限定の記念すべきシリアルNo.1。
  日本にはこの1本のみの輸入となります。

ベルンド・マルティン Bernd Martin 40th Anniversary Model 松・ハカランダ 2016年
商品ページはこちら
http://www.kurosawagakki.com/items/detail/430251.html



1954年 ドイツ生まれのベルンド・マルティンは、ギターを若い頃から学んだ後、1976 年にスペイン、グラナダに移住してギター製作家の道を歩み始めました。
グラナダ派ギター製作一族のアントニオ・デュラン、ホセ・ロペス・ベジードのギター工房の元でスペインのギター製作を学んだ後、自身の工房を開設し、1999年に現代屈指の銘工ホセ・ロマニーリョスが審査員を務めたルテリアギター製作家コンクールにて優勝し世界的な注目を集めました。



現在はスペイン、グラナダ郊外に居を移し、息子のルーカスと共に製作を続けている、ベルンド・マルティンは、ギター製作40周年を祝う為に、限定数量で特別に選んだ材を用いだスペシャルモデルを製作することになりました。
数年前にアイデアをお聞かせいただいた時から製作をお願いし、今年の春にスペイン、グラナダで再会したその席で直接お願いをさせていただくことで、全世界8本限定のスペシャルモデルの記念すべきシリアルナンバー「1」を獲得するに到りました。



ベルンド・マルティン自らの40周年記念モデルの説明を記します。

「40周年記念」のギターはわずか8本の特別限定製作です。
このモデルは私の長い製作キャリアの中で統合されていなかった部分を統合し、私のアイデアにある改善点を全て取り入れて融合させてモデルです。
その目的は、特に洗練された音響特性を持ったサスティーンを備えた、自分のスタイルの最高かつ最も成熟した楽器を作成することでした。
これらのギターの材料は、私が過去40年間にわたって収集し、長期間にわたりシーズニングされているプレミアム材の中から厳選して選ばれ、私の最高の素材を使用して製作されます。

ベルンド・マルティン Bernd Martin 40th Anniversary Model 松・ハカランダ 2016年
商品ページはこちら
http://www.kurosawagakki.com/items/detail/430251.html



黄金色の非常に耐久性がある非アレルギー性​​のチタン製のフレット他、その他のすべての要素も、最上級のものです。



黒真珠のつまみと水牛の角のローラーを採用した特別注文のシェラー製の高級糸巻きからは、心地よい廻し心地と、高い微調整が可能なチューニング精度が得られます。



ネック材は大きな丸太から手作業で分割されることで、本当に真っ直ぐな木材繊維が得られており、このことからはほんのわずかな振動をも均等かつ敏感に伝え、左手の「感触」は飛躍的に向上されています。
フランス製の高級ハードケース、BAMケース付属。

【ベルンド・マルティン 40周年記念モデル 入荷!】

 ※全世界8本限定の記念すべきシリアルNo.1。
  日本にはこの1本のみの輸入となります。






ベルンド・マルティン Bernd Martin 40th Anniversary Model 松・ハカランダ 2016年
商品ページはこちら
http://www.kurosawagakki.com/items/detail/430251.html
PR
先日、満を持して入荷したアントニオ・サンチェスですが、その中に新しいモデルがあり、本日のブログでは、そのギターをご紹介させていただきます。

今回、日本初上陸の新モデルは
アントニオ・サンチェス「Romantica 1900」「Romantica 1800」の2モデルですが、
こちらは19世紀ギターを代表するフランスのルネ・フランソワ・ラコートを再現しており、通常のクラシックギターとは全く異なる、外観、音色が魅力なのです。


1900の方は、横裏にローズウッドを使用しており、ヘッドも通常のタイプ↑



1800の方は、横裏にメイプルを使用した特徴的なモデルで、ペグは木ペグが装着されております。



ラベルも木製。とても凝った造りです。



19世紀ギターはご自宅で爪弾いて弾くにはとても良いサイズで、小さなボディから奏でられる音色は、懐かしい響きがあり、耳に心地よく入ってくるのです。

今回、入荷の新モデルを皆様も一度お試しください。





世界的銘器が続々と入荷しております。

先日は、ベラスケス親子の新作が入荷し話題になりました。特に、父であるマヌエルの作品は遺作であるため、極めて希少性の高いものといえます。
音色はどちらも素晴らしく、太くてコシの強い低音はとてもインパクトがあり、弾きこみによる変化など、とても期待できそうです。
 
マヌエル↑              アルフレッド↑

2本弾き比べてみると外観はそっくりですが、音色は異なり、父のマヌエルは、どっしりとして力強く、息子のアルフレッドは強い低音もありながら、マヌエルの作品よりは鳴らしやすいといった印象を受けます。

そして、本日よりネット公開させていただきました、フリアン・ゴメス・ラミレス、マヌエル・ラミレスの2本も、驚くべき入荷でした。

まさに、銘器中の銘器が2本同時に入荷しました。

 
フリアン・ゴメス・ラミレス↑は、ロベール・ブーシェの師匠として有名ですが、スペインギターの気品が随所に感じられる魅力的な作品なのです。音色もこの時代の銘器なだけに、枯れたサウンドと力強さ、伸びやかさが見事に融合しており、滅多にお目にかかれない逸品であることが伺えます。

また、マヌエル・ラミレス↑も個性的な作品でお薦めです。
まず驚くのはその軽さです!!
持ち上げるとあまりの軽さに驚いてしまいますが、1910年頃に製作されたギターで、枯れきったシープレスが奏でる反応の良さと明るい音色は、長い時間演奏していても疲れない楽器といえます。
スペインの明るい曲など非常にマッチするのではないでしょうか。

これだけの銘器が同時に並んでいるのは、当店のみ!!

皆様、お早目のご来店をお待ちしております!!





連日、世紀の一戦ネタをお送りしておりましたが、ボクシングに興味の無い方の為に、本日は、新入荷情報をお送りさせて頂きます。

新着情報をマメにチェックしている方はお気付きと思いますが、今月に入り、スペイン製新品の素晴らしいギターが続々と入荷しております。

アルバロ・トーレス



こちらは、クラシックギターフラメンコギター、1本ずつ入荷致しましたが、マヌエル・カセレスの工房で製作されただけに、マルセロ・バルベロからの系譜をしっかりと継承している作風となっております。
音色もカセレスに通じるものがあり、凛として、しなやかな力強さが魅力のギターです。これからも楽しみな作品ではないでしょうか。

続きまして
グラシリアーノ・ペレス 杉・ハカランダ


カニサレスの使用により、非常に人気の高いフラメンコギターです。
レジェス、コンデ、デヴォー等の銘器とは、全く異なる魅力を持つ楽器です。
低音なども独特で、ドスン!とはっきり鳴るのですが、杉独自の甘さもうまくミックスされており、この楽器を弾きこなせば、様々な表現が可能です。


最後に
マルセリーノ・ロペス

ヘッドは、アグアドなので、アグアドモデルと思いきや、小柄なボディ、内部構造はトーレスなのです。
個人的にとても好きなギターですが、この製作家にしか出せない透き通った伸びやかな音色が魅力です。優しく弾いてあげるとすごく良い音が出ます。
トーレスも新品の時は、こんな音がしたのかと想像させてくれる素晴らしいギターです。

ご来店いただき、是非お試し下さい。










当店のオリジナルモデルであるエレガットが入荷致しました。
この度ようやく当店の方に到着した特別限定モデルですが、見て下さい!このルックス!!
薄ボディなので非常に抱えやすく、まるでエレキギターのような抱えやすさです。

ナット幅はなんと、47ミリ!!最近では、ナット幅が細いモデルを探されている方が多く、そんな皆様の要望に出来る限りお応えする仕様なのです。
もちろん、薄ネックとはいえ、ネック補強、調整のアジャスタブルロッドがネック内部にありますので、ご安心いただけます。
また、今回は12本限定にて製作されており、1/12から12/12までのシリアル入り!
ボディのカラーと口輪のデザインが同じものは一つもないため、店頭にてご覧いただければ、1本ものであることがよくお解りいただけます。


この通り、シリアル入りです!


ヘッドはこの形です。スペインの銘器を思い出しますね~



ナチュラル、ワインレッド、サンバースト、ブラックとありますが、個人的にはワインレッドがお気に入りです。


入荷後、早速弾いてみましたが、第一印象は、とにかく安定しているというか、バランスが良いと感じました。

薄いボディですが、生音もしっかりと鳴ります。ご自宅で爪弾いてもお楽しみいただけるのではないでしょうか。
ツマミがヴォリュームコントロールしかない事です。これはシンプルで良いですね。

売り切れる前に、一度ご覧下さい!

ご来店お待ちしております。







カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]