忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター専門店のブログです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10


ラミレスの入荷が続いておりますが、本日もラミレスの新入荷がありました。
新着でのご紹介は明日に行わせていただきますが、今回入荷のモデルは「C-650 1963トラディショナル」表板が杉、横裏が中南米ローズウッドの仕様で、ラミレスらしいふくよかさと、張りのある音色がほどよくブレンドしているお薦めの楽器です。

この度、ラミレスの在庫が増えてきた為、「ラレミレスコーナー」を新設致しました。


 

これだけラミレスが揃えば、極めつけの1本をお選びいただけるはずです。

在庫が多数あるうちにご来店下さい。

ご来店お待ちしております。

 













PR



ここ最近、銘器の入荷が続いておりますが、本日は極め付けといえる逸品が入荷致しました。



 アルカンヘル・フェルナンデス 1957年製 フラメンコ


 非常に入荷が少ない楽器ですが、フラメンコであればなおさら希少なのです。


 


今回入荷のものは1957年製ですが、製作から60年近い年月が経過しているとは思えないほど状態も良いのです。フラメンコギターは激しくかき鳴らすことが多いため、外観以上に音が悪くなっているものがあります。反応が悪くなっていたり、音がくすんでいたり、高音の抜けが悪く、和音のバランスが悪かったり・・・と“、弾きつぶす”というような表現をすることもありますが、中にはこんな状態の楽器もあるのです。

 


しかし、今回入荷した、アルカンヘル・フェルナンデスのフラメンコは、状態だけではなく、音の方も素晴らしく良いので、強くオススメをさせて頂きます。

 


和音を奏でた時の各弦の反応、混ざり合う感じがとても心地よく、もちろん!音量だってあります。音色は(主観ですが)柔らか目でしなやかな印象をうけます。高音も艶っぽさがあるので、フラメンコ奏法だけではなく、クラシックやボサノバも弾いてみたいと感じさせる楽器です。

 


アルカンヘルのフラメンコが入ったら連絡が欲しいと仰っていたお客様も多いので、興味のある方はお早目にご来店下さい。

 


まさに銘器です!!

 












 

石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

今日は銘品が入荷しましたのでご紹介いたします。

M・カセレス 2010年です。
以前の小部屋でも新作のご紹介をしましたが、近年のカセレスは個人的に特にお気に入りで、新作・中古が入荷するたびに注目しています。

とにかく弾き応えのある楽器で、音の芯と圧力が強く、透明、演奏の際はかなり気合を入れる必要があります。

しかし、本日入荷した2010年製は音の芯、前に出る力も十分でありながら、リラックスして演奏できる弾き心地の良さがあります。

ありえない例えですが、硬さと柔らかさが同居したような印象です。

皆様ぜひお試しください。










本日はグラナダの製作家アントニオ・ラジャ・フェレール最新作を入荷致しました。

ラジャ・フェレールといえばグラナダを代表する製作家へと頭角をあらわし、現在ではその作風が非常に好評で、引く手あまたの人気製作家なのです。

弾いてみた印象ですが、弦長650というサイズもあり非常に演奏性が良く、また、グラナダの楽器らしい、反応の良さが特徴的で、軽いタッチで反応するためとても心地良いのです。

やはり、弾きやすいというのは楽器選びで重要な要素といえますね。コンデ・エルマノス、先日入荷のヴィセンテカリージョなどは、弦長も長く、フラメンコではこの”長い弦長”がオーソドックスだったりしますが、普段、650ミリに弾きなれている私にはとても押さえやすく感じました。

フェレールのフラメンコは当店でも好評で、すぐに売り切れる可能性がありますのでお早目にお試しください。

ご来店お待ちしております。

なお、明日はお茶の水より江田さんが応援に来てくれます。江田さんのブログにもご期待ください。










左からC-650トラディショナル、MT杉、PC杉

昨日は、ラミレスが続々と入荷した事について「ラミレス祭り」と称しブログを書かせていただきましたが、何と!今日もラミレスの入荷がありました。
本日入荷のモデルは
「2009年製C-650P 1967トラディショナル レイシューモデル」
例によって更新が追いつかず新着へのアップは明日に行わせていただきますが、この2日間でなんと5本のラミレスが入荷です。
この偶然に我々は驚きを隠せませんが、年代も幅広く、1962年MTから2009年のモデルまで、各モデル個性が際立ったものばかり!
PCはラミレスにしては繊細で魅力的な高音が特徴で、MTは松、杉、両機種とも、さすがの一言!2000年以降のモデルは、音色に張りもあって弦長も650であるため非常に弾きやすいのです。

 
左からC-650P(本日入荷)MT松
これだけ良いラミレスが揃うと、スペインギターマニアにはたまらないのでは!
誰もが一度は手に入れてみたいと願うホセ・ラミレスがこんなにあるのは珍しいのでお早目にご来店下さい!!









カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]