忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター/Martin K.Yairi アコースティックギター/ウクレレ 専門店のスタッフブログです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


2017年10月8日(日)、3連休の中日、良い天気にも恵まれた中、
昨年に続き、チリ出身で世界各地で活躍されているクラシックギタリスト
アレクシス・バジェホス Alexis Vallejos氏をお招きして、
クラシックギターインストアライブ を開催いたしました!

定刻通りの13時にスタート!
 
まずは(下線部分をクリックして頂くと商品ページで詳細をご覧いただけます。)
ミゲルゴンザレス Juan Miguel Gonzalez 1888 TORRES 2017 NEW
 チャコーナ/ヴァイス Ciacona/S.L.Weiss

イベントが決まってから1ヶ月あまりに4-5回ご来店頂いて、演奏ギター、
曲目をじっくりと検討頂きました!(その間に売れてしまったものも・・・)

構えは ダイナレット と 足台 を併用するスタイルで安定感抜群です。

今回も、奥様のタニア様に通訳をしていただき、大変助かりました!
(タニア様、ありがとうございました!)

今回は、アグスティン・バリオスの時代の銘器4本と、
今年が生誕200周年となるアントニオ・デ・トーレスを再現した新作2本
を豪華にじっくりと弾き比べていただきました。


ベルナベ Paulino Bernabe TORRES 2017 NEW
 椿姫幻想曲/アルカス-タレガ Fantasia "La Traviata" de Verdi. J. Arcas - F. Tarrega


ガルシア Enrique Garcia ca.1920 SP/BR
 ヴィダリータ/バリオス Vidalita/Agustin Barrios

バリオス本人も25年製作のガルシアを使用していたとのことで
年代が近く、「当時の音」が出ていると思います。


ドミンゴエステソ Domingo Esteso 1925 SP/BR
 マヒーヘ/バリオス Maxixe/Agustin Barrios

バリオス本人も34年製作のエステソを使用し、弟子の間で
「最も合っている」と評されていたとの事。

マヒーヘは、スペインの古いタンゴとアフリカのリズムが交じり合った
ブラジルの速い曲。リズミカルでアクセントの効いた表現はクセになります。

先に弾かれたガルシアとこの後弾かれたシンプリシオ、サンフェリューは
スペイン バレンシアで製作されて、カタルーニャ派のギターとも呼ばれ
チェロのような重厚で太い低音が魅力的なのですが、
このエステソやサントス・エルナンデスといったマドリットのギターは
より明るい音色で響きます。


シンプリシオ Francisco Simplicio 1929 SP/BR
 フリア・フロリダ/バリオス Julia Florida/Agustin Barrios

カタルーニャ派でガルシア唯一の弟子と称していたシンプリシオ。
バリオス本人も25年製を使用していました。

イタリア、ベネチアの舟乗りの船頭が歌う舟歌、バルカローレが幻想的に響きます。


サンフェリュー Enrique Sanfeliu ca.1920 SP/BR
 おおわが祖国/バリオス Jha, che valle/Agustin Barrios

バリオス本人も30年製を使用されていたとのこと。

バリオスの映画が話題となっておりますが、皆様もうご覧になりましたでしょうか?
作曲家の人となりを知ると、また演奏にも違いが出てくると思います。
(アレクシス・バジェホス氏が上映の際に演奏されています。
 なかなか予定が合わず、まだ見れていなかったりします・・・。)


ミゲルゴンザレス Juan Miguel Gonzalez 1888 TORRES 2017 NEW
 アストリアス/アルベニス Asturias/Isaac Albeniz

アストリアスはもともとピアノ曲で、セゴビア編のイメージが強いと思いますが
最初に編曲したのはタレガの弟子で、セゴビアの演奏の少し後にバリオスも
演奏しているとのこと。
(新品で弾いて頂くラスゲアードはドキドキしますね。)


ベルナベ Paulino Bernabe TORRES 2017 NEW
 バイロンゴ・カンペロ/メルリン Bailongo Campero/Jose Luis Merlin

アレクシス・バジェホス氏に献呈された曲。
南米のリズムが小気味良く響きます。

毎回、深々と礼をされる姿が印象に残ります。
素晴らしいステージマナーと感銘を受けました。

ドミンゴエステソ Domingo Esteso 1925 SP/BR
 ドン・ペレス・フレイル/バリオス Don Perez Freire/Agustin Barrios

手の内に入ったレパートリーで、決して速さや技術をひけらかすことがない
音色と強弱、フレーズごとの処理など、丁寧に丁寧にギターで歌い上げます。
特に耳をそばだてて弾き込まれる弱音の美しさが際立っていました。

予定していたプログラムが終わり、アンコールを弾くその前に、
奥様のタニヤ様が明日お誕生日ということでサプライズで奥様に捧げて1曲。

アンコール
ベルナベ Paulino Bernabe TORRES 2017 NEW
 愛のロマンス/ルビーラ Romance/Antonio Rubira

愛が溢れています。
(タニヤ様お誕生日おめでとうございます!)

演奏ギターのリクエストにお応えして
サンフェリュー Enrique Sanfeliu ca.1920 SP/BR
 チリの曲 Tonada en Sepia/Juan Antonio Sánchez

ラストは人前で初めて演奏されるというトレモロの名曲。
ベルナベ Paulino Bernabe TORRES 2017 NEW
アルハンブラの想い出/タレガ Recuerdos De La Alhambra/Francisco Tarrega


最後も何度も深々とお辞儀をされ、一段と大きな拍手に包まれました。

あっという間に予定を過ぎて(14:20)終了となりました。

最後はおなじみの記念撮影。


気に入って頂き、ポスターパネルをお持ち帰りいただきました!

素晴らしい演奏をありがとうございました!
PR


本日、9月22日と23日、東京にて開催されたソロリサイタル2公演が終わったばかりの
クラシックギターの世界の巨匠ペペ・ロメロ氏に、超多忙な来日スケジュールの合間を縫って
当店、クロサワ楽器日本総本店クラシックギター専門フロアにご来店いただきました!

前回来日の際にも、お立ち寄りいただいたのですが、今回はなんと店頭展示販売中の中で
興味を持っていただいたクラシックギターの数々を試奏頂きました!

前回、来日時のご来店のご紹介はこちら



まずは
マヌエル・ラミレス Manuel Ramirez サントススタンプ Santos Stamp 1900年頃 松・ハカランダ
 ※クリックして頂くとギターの詳細をご覧いただけます。

目の前で演奏される名曲の数々!世界を魅了する巨匠が紡ぐその音は素晴らしいの一言。



サントス・エルナンデス Santos Hernandez 松・シープレス 1925年製

「サントスはクラシックギターとフラメンコギターを区別して製作していない」
と、フラメンコはもちろん、甘く太い音色でクラシックの名曲を演奏され、
名演奏が繰り広げられるという、何とも贅沢な空間に。

サントス・エルナンデスは大好きなギターということで、
1939ハカランダ、1929メープル、フラメンコ1925、フラメンコ1931
と弾いて頂いたのですが、ご自身は「8本!!」所有されているとの事で脱帽いたしました。

クロサワ楽器店 サントス・エルナンデスの在庫リストはこちら



つづいて
ドミンゴ・エステソ Domingo Esteso 1925年 松・ハカランダ

目の前で、芳醇な音楽が目の前で誕生していき、ウットリ。



一通り、展示ギターをチェックしたマエストロが「これを弾きたい!」と
言われたのが
ヘルマン・ハウザー カトリン・ハウザー Kathrin Hauser 2007年製 No.3

ハウザー3世の娘で、小さい時に会っていらっしゃるとのこと。
世界で最初に一般発売された カトリン・ハウザーとお伝えすると
感慨深くまずはじっくりと眺められて、様々なフレーズを演奏され
「ハウザー3世と同じ音がする」と好評いただきました。



最後に記念撮影していただき、本日のお気に入り
Santos Hernandez / サントス・エルナンデス 1939年製
を手にニッコリ。

サインもいただいて、まさに至福の時間でございました。

ご来店ありがとうございました!


2017年9月3日(日) 13:00~
クロサワ楽器日本総本店2F クラシックギター専門フロアにて
国内外でご活躍のクラシックギタリスト、
鈴木大介様をお招きして、銘器の数々を弾き比べて頂く
店内イベントを開催しました!
良いギターの入荷が多すぎて直前まで悩んだ結果、
今年が現代ギターの祖、アントニオ・デ・トーレスの生誕200周年ということで、
トーレス特集で以下6本のギターをご用意させて頂きました。
・パウリーノ・ベルナベ トーレス 新作 Paulino Bernabe TORRES NEW
・ホセ・ルイス・ロマニリョス Jose Luis Romanillos 1973
・ホアン・ミゲル・ゴンザレス 1888トーレス 新作 Juan Miguel Gonzalez 1888 TORRES NEW
・ドミンゴ・エステソ Domingo Esteso 1925
・マヌエル・ラミレス サントススタンプ Manuel Ramirez SANTOS Stamp ca.1900
・アントニオ・デ・トーレス Antonio de Torres 1867
朝一でご来店頂いて、それぞれ試奏していただいて曲目を決定。
70名を超すお客様にご来場いただきました。
(直前まで行われたリハをご覧いただいた皆様も)

・パウリーノ・ベルナベ トーレス 新作 Paulino Bernabe TORRES NEW
ベルナベ工房所有のトーレスを研究して製作された現代のトーレス。
 J.S.バッハ
  無伴奏バイオリンパルティータ第3番より~プレリュード、ロンド風ガヴォット
・ホセ・ルイス・ロマニリョス Jose Luis Romanillos 1973
 ジュリアン・ブリームが録音に使用されていたころのもの
 「良いころですよね。お高いんですよ~」
 H.ヴィラ=ロボス
  ワルツ・ショーロ、ガヴォット・ショーロ
・ホアン・ミゲル・ゴンザレス 1888トーレス 新作 Juan Miguel Gonzalez 1888 TORRES NEW
 トーレスが製作を行ったスペイン、アルメニアのギター製作技法を現在も受け継ぐ製作家。
 今年の春に工房を訪問し、直接製作を依頼した1888年のトーレスモデル。
 A.バリオス
  演奏会用練習曲第一番
 「人のギターだと丁寧な演奏になりますね」
・ドミンゴ・エステソ Domingo Esteso 1925
 ここからどんどん年代を遡っていきます。
 フラメンコギターが有名なエステソの状態の良いクラシックギター。
 A.バリオス
  コンテンプラシオン
 「邦題の深想(しんそう)といっても何のことかわからないですよね」
・マヌエル・ラミレス サントススタンプ Manuel Ramirez SANTOS Stamp ca.1900
 ギターの神様、アンドレス・セゴビアが初期に使用したギターと同じ仕様
 「セゴビアがもらったというやつですよね」 
 J.マラッツ
  スペイン風セレナーデ
・アントニオ・デ・トーレス Antonio de Torres 1867
 150年前に製作された1本。
 修理ヶ所が多く、古銘器は低い音程の方が良く鳴ることから、半音下げ調弦
 「SPレコードの音がします」
 E.ピアフ
  愛の賛歌
・イグナシオ・フレタ Ignacio Fleta 1964 (鈴木氏 所有ギター)
 武満 徹 の音楽より自編
  波と盆
  他人の顔
・今井勇一 トーレス「エンペラトリス」モデル(鈴木氏 所有ギター)
 早く来られたお客様からのリクエストにお応えして
 急に決まった トーレス特集企画に合わせて ご自宅から取り寄せていただいた
 横裏板にメープルを使用した綺麗な1本(大変お手数をお掛け致しました)。
 繊細なギターで、過酷な使用で割れ修理もあるのですが「持っている」ギターで
 「このギターで録音したCDは売れる(笑)」とのこと。
 鈴木大介
  エチュード第一番、第三番
・イグナシオ・フレタ Ignacio Fleta 1964 (鈴木氏 所有ギター)
 A.バリオス
  森に夢見る
 粒立ちの良いトレモロに合わせて、つい指が動いている
 お客様が多く見られました。
アンコール
・イグナシオ・フレタ Ignacio Fleta 1964 (鈴木氏 所有ギター)
 武満 徹 の音楽より自編
  今朝の秋
演奏終了後は、CD各種、出版楽譜各種の即売&サイン会を開催し、
記念撮影も気軽に応じて頂いて、多くの皆様にお喜びいただきました!
イベント終了後も、コアなギターファンの皆様に取囲まれてギター談義していただきました。
「私より私の使ってたギターに詳しい(!)です」
鈴木大介先生!素晴らしい演奏をありがとうございました!
2017年8月20日(日)13:00~
大沢美月さんをお招きして、インストアライブを開催しました!

少し早めのお時間にお越し頂いて、ちょっとだけリハーサル!
数日前には、時間をかけて何本も試奏して頂き、この日のための楽器を選んで頂きました!


本日は80名近くの方にご来店頂きました。
開演前から、お客様の期待も高まっています!


開演時間となり、颯爽と登場!


まずは1曲目
バッハ リュート組曲第1番よりアルマンド
使用ギターは、ハウザー1世 1921年製

静かにゆったりとハウザーを歌わせてくれます。緊張感の中にも美しい音色が快い安らぎを与えてくれます。

1曲目が終わったところで、軽くトーク。
今年はクロサワ楽器60周年の年なのですが、その60年前にクロサワ楽器の創業者・黒澤常三郎作成のギターをお持ちになり、ご紹介いただきました!

大沢美月さんの祖父で、日本ギター界のレジェンド大沢一仁氏が黒澤常三郎に依頼して製作された60年前のギター。これまでもずっと大事に所有されてきたとのことです。大沢一仁氏が娘さんの誕生を記念して製作を依頼されたそうです。


2曲目は、タレガ 椿姫の主題による幻想曲
使用ギターは、イグナシオ・フレタ1世 1959年製

濃密なフレタの音色を最大限活かしたロマンチックな演奏。情感豊かに緩急自在。歌心がとにかく素晴らしい!
3曲目は、同じくフレタで、J.マラツ(タレガ編)スペイン・セレナータ
こちらも歌い廻しが素晴らしく、よくギター演奏会の聴衆は指先ばかりに目がいきがちですが、じっと目を瞑って頷きながら聴いている人が多かったのが印象的です。

4曲目は、ソル グランソロ
使用ギターは、ホアン・アントニオ・コレア・マリン 2016年製新作
グラナダの製作家アントニオ・マリンのお孫さんです。

まだまだ若い楽器ですが、明るく華やかな音色がこの曲にぴったりとのことで、選んで頂きました。
マリンならではの美しいトーンを、序奏から鳴らしきった演奏。主題に入ってからの高速アルペジオも美しい!
そして、曲が後半になるにつれての盛り上げ方もしびれます!決して弾き飛ばしたりせずに、1音1音に意志が込められている丁寧な演奏で聴衆を魅き込んでいきます!

5曲目は、ムーンリバー
使用ギターは、ルビオ 1985年製
オードリー・ヘップバーンの映画、何処かで朝食を食べているときの曲だそうです(笑)
(正解はもちろんティファニーで朝食を)

やさしく、ゆったりと歌わせる演奏。
そして、曲の途中からは自らボーカルとなって弾き歌い!歌声も素敵でした!

6曲目で、自ら所有されているギターに持ち替えます。
本日お持ち頂いた所有ギターは、ホセ・ラミレス 1957年製。
祖父の大沢一仁氏が所有されていたギターですが、元々は、アンドレス・セゴビアが所有(!)されていた楽器とのことです!
数多くの銘器を持っている当店ですが、当店の在庫品以上の楽器を持って来られた方は、初めてかもしれません!
大沢美月さんは、4歳からギターを始めたそうですが、このラミレスだけは、なかなか使わせてもらえなかったそうです。この秋からはウィーンに留学されるそうですが、その時にもこのラミレスはさすがに持ってはいけないとのことで、アグアドを(!)持って留学されるそうです。

このラミレスで演奏頂いたのは、
ブローウエルの黒いデカメロンより、第1楽章戦士のハープ、第3楽章なんとかのバラードだそうです(笑)(正解は恋する乙女のバラード)。
前衛的な響きを持つブローウエルの曲が、これほど繊細に表現された演奏は初めて聴きました!曲中の間のとり方が上手く、心地よい緊張感に包まれます。

7曲目はリョベート ソルの主題による変奏曲
ここで、再び当店在庫に持ち替えです。
使用楽器はサントス・エルナンデス 1927年製
重厚感のあるサントスの低音、そして和音のハーモニーが心地良い。速いパッセージもしっかり歌わせながらの演奏。聴衆の方からもサントスが一番良かったとの声も頂いております。
あっという間にプログラムが終了してしまいました!


さて、もちろんアンコール
ラミレスに持ち替えて ディアンス タンゴ・アン・スカイ
多くの人に演奏されるこの曲は、聞き飽きるほど(?)何度も聴いていますが、他の演奏者とは一味違う表現は流石です!
歌心あり、洒脱な雰囲気もあり、とても新鮮な演奏です。
ところで、貴重なラミレスをあんなに叩いてよいのでしょうか?



アンコール1曲目が終わったところで、大沢美月さんから告知がありました。
9月2日(土)神奈川新人ギタリストオーディション合格者によるジョイントリサイタル
9月8日(金)留学記念リサイタル
この2回で日本での演奏はしばらく聴けなくなってしまいますので、お時間ある方は是非!

アンコール2曲目
再び、サントス・エルナンデス 1927年製 に持ち替えて、愛の歌で締めくくりました。


大沢美月さん、素晴らしい演奏をありがとうございました!






これまで過去2回開催し、大好評だった中村善郎先生による ボサノヴァ1曲マスターワークショップの第3弾が、2017年7月2日(日)18:00~ クロサワ楽器 日本総本店2F クラシックギター専門フロアで開催されました!

開始前から参加者のみなさんは、マイギターを持って準備万端で挑みます。
今回は、これまでの2回開催した反省点を踏まえて、参加者には事前に中村善郎先生から譜面が配布され、「各自、予習をしてから参加!」となりました。
中村善郎先生も、参加者のみなさんも気合万端で挑みます!
ちなみに、今回の課題曲は「Samba De Verao(邦題:サマー・サンバ)」です。



まずは、当店の責任者・渡辺よりご挨拶。


中村善郎先生から演奏方法のコツついて説明があり、その後、一緒にみんなで合わせて演奏をしていきます。



事前の予習の成果があり、過去2回よりも参加者のみなさんの演奏も上手くいきました。



参加者からは演奏方法など、質問も飛び交います。



予習の成果もあり、これまで以上の手ごたえです。


終了後は、みんなで記念撮影!
中村善郎先生、参加者のみなさま、ありがとうございました!







次のページ >>
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]