忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター専門店のブログです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
本日5月15日(日)は、みなさんお待ちかねだった猪居亜美さんのインストアライブでした!



昨年のCDリリースと、全国ツアーでギター界に旋風を巻き起こした注目のギタリストのインストアライブとあって、ご予約も殺到しました。




演奏も昨年の全国ツアーでの演奏より、さらに一段と表現力の幅が広がり、演奏にも色気が出てきたと思います。
まだまだこれからさらに成長していくのでしょう。
来年早々には、新しいCDのリリースも予定されているそうで、今後も楽しみです。



演奏した曲目と楽器は次のとおりです。

1 アランブラの思いで(タレガ)  ヘスス・ベジード Clasico
2 セレナーデ(シューベルト)   ホアン・エルナンデス Maestro Lattice
3 郵便馬車(シューベルト)    アントニオ・マリン・モンテロ Modelo-B
4 作品番号208(スカルラッティ)パウリーノ・ベルナベ Especial
5 エチュード7(ヴィラ=ロボス) ジャン・ピエール・マゼ
6 カプリス27(レニャーニ)   ホセ・ルイス・ロマニリョス La Espejera
7 マルヴィーナへ(メルツ)    ヘルマン・ハウザー3世 1937Segovia

アンコール
1 はちすずめ(サグレラス)    ヘルマン・ハウザー3世 1937Segovia
2 カプリス25(レニャーニ)   アントニオ・マリン・モンテロ Modelo-B
3 エチュード12(ヴィラ=ロボス) ヘスス・ベジード Clasico

なんと、アンコールでは3曲も披露して下さいました。お客様の「もっと聴きたい!」
という声にお応えして、たくさん弾いていただきました!



曲の合間には、それぞれの楽器のご感想も頂きました。

1 ヘスス・ベジード Clasico
  好みが分かれると思いますが、私はこの音色が好きです、とおっしゃっ
  てました。
  独特の高音の繊細な美しさに惹かれ、この曲でアルハンブラを弾いて
  みよう、と思ったそうです。
  リハーサルでも、これが一番好きかも、とおっしゃってました!

2 ホアン・エルナンデス  Maestro Lattice
  ニューモデルとして入荷したばかりの新作。ラティス・ブレーシング
 (グレッグ・スモールマンなどと同様の格子状の力木構造)です。
  感想としては、高音が優しく響き、低音もとても歌わせやすい楽器
  という印象とのことでした。

3 アントニオ・マリン・モンテロ Modelo-B
  音の伸び、バランス、うたわせやすさ、すべて兼ね備えている楽器
  とのことで  最終的にはヘスス・ベジードよりこっちをお気に入
  りいただいたようです。

4 パウリーノ・ベルナベ Especial
  高音の伸び、バランスの良さもさることながら、音量のパワーも
  兼ね備えている楽器。ひきやすさも大きなポイントとのことでした。 

5 ジャン・ピエール・マゼ
  独特の重みを感じる楽器。ブーシェの雰囲気を受け継いでいる、
  とのことでした。

6 ホセ・ルイス・ロマニリョス La Espejera
  低音のパワーがある一方で、高音がすっきりしていて、独特の雰囲気の
  ある楽器とのことでした。

7 ヘルマン・ハウザー3世 1937Segovia
  一番なじんでいる楽器。鳴らし方にコツがいる楽器で、コツを掴むと
  どんどん味わいの出てくる楽器とのことでした。







インストアライブ終了後は、CDの販売とサイン会。
カメラの電池が切れてしまい、その様子は撮れていませんが、お客様みなさんの
笑顔がこのライブでの演奏の素晴らしさをあらわしていると思います。
ありがとうございました!
PR
【黒澤楽器日本総本店2F クラシックギター専門フロア 店内イベント情報!】



2016.03.27 13:00~ 
レオナルド・ブラーボ氏
「クラシックギター銘器弾き比べ」開催決定!
【入場無料・要予約】

ご予約はこちら
htnc@kurosawagakki.com
03-3363-7451
 ※ご予約の際は、お名前・メールアドレス(またはお電話番号)・参加人数 をお伝えください。

詳細はこちらをご覧下さい!
http://www.kurosawagakki.com/sh_ohkubo/2f/160327bravo.html



ファーストアルバム「カタルーニャ」が、レコード芸術誌、ステレオ誌で特選盤となるなど、
いま話題のクラシックギタリスト 林 祥太郎氏をお招きしてのクラシックギターインストアイベントを開催致しました。





ギターの印象の的確な解説と、軽妙なトークを間に挟みつつ、
名曲の数々を素晴らしいテクニックで奏でていただきました。

演奏ギター 曲目は 以下。

①マヌエル・ベラスケス Manuel Velazquez NEW –遺作-
・歌「鳥の歌」 F.モンポウ

②ジャン=ピエール・マゼ Jean Pierre Maze  最新作
カタルーニャ民謡より M.リョベート編
・王子
・哀歌
・盗賊の歌

③マヌエル・カセレス バルベロ Manuel Caceres BARBERO 新品
・タレガ賛歌 J.トゥリーナ

④ヘルマン・ハウザーIII Hermann Hauser III 1931 Segovia 最新作
・エンデチャ・オレムス 哀歌と祈り F.タレガ

⑤パウリーノ・ベルナベ エスペシャル Paulino Bernabe ESPECIAL 最新作
・グラン・ソロ F.ソル

⑥マヌエル・ベラスケス Manuel Velazquez NEW –遺作-
・暁の鐘 E.S.デ・ラ・マーサ


⑦マヌエル・カセレス バルベロ Manuel Caceres BARBERO 新品
ムッセールの情景 F.ガスイ
・レス・サレレデス
・鴉の岩

アンコール ジャン=ピエール・マゼ Jean Pierre Maze  最新作
カタルーニャ民謡より M.リョベート編
・聖母の御子





イベント後には、CD即売&サイン会 も開催し多くの皆様にお喜びのお声をいただきました。



素晴らしい演奏をありがとうございました!


本日13時より、フラメンコギターの工房として長い歴史を持つ、コンデ・エルマノス アトーチャの講演会を行いました。

工房の方(写真NG)に、コンデ・エルマノス工房の歴史等をご説明頂き、当店にてレッスン講師も務めるフラメンコ・ギタリスト エミリオ・マヤ氏のデモ演奏を行いました。
当店在庫のコンデ・エルマノスを名手が奏で、本場フラメンコの華やかな音色を楽しませて頂きました。

コンデ・エルマノスって幾つか工房があって良く解らないと言いう方は、以下をご参照下さい。アトーチャ工房を中心に考えた流れを記しております。

構造
アトーチャのコンデ・エルマノスのギターは最高の材料を最高の職人が製作しています。

カタログ
細心の注意を図って製作されたギターの数々は生涯使用できる偉大なギターです。

歴史
1915年、ギター製作者、ドミンゴ・エステソはスパニッシュギターを新しい方法で製作する彼自身の工房を開いた。
数年後、ドミンゴ・エステソの甥である、若きフリオ・コンデは、兄弟であるファウスティーノとマリアーノと共に、、叔父であるドミンゴ・エステソの工房で働き始め、その手作業による独自のギター製作方法を習得しました。
1937年にドミンゴ・エステソが亡くなった後、ドミンゴ・エステソの未亡人のためにビウダ・デ・エステソ(エステソの未亡人)のギターを製作した後、3人の甥達は工房を引き継ぎ、ソブリノス・デ・ドミンゴ・エステソ(ドミンゴ・エステソの甥達)のギターを製作しました。
1951年、フリオによってマドリッド中心部、アトーチャ通りに新店兼、新工房が開かれ、このことが転換点となり、ニーニョ・リカルド、サビーカス、メルチョール・デ・マルチェナ、そしてパコ・デ・ルシアなど多くの有名プロフラメンコギタリストや、数多くのフラメンコギター、クラシックギター両方の愛好家に愛奏されることになった。
アトーチャ工房   フリオ・コンデ
グラヴィーニャ工房 ファウスティーノ・コンデ
フェリーぺ工房   マリアーノ・コンデ   現在 フェリーぺ・コンデ
                         マリアーノ・コンデ
1980年代末、兄弟のファウスティーノとマリアーノが亡くなった後は、唯一のドミンゴ・エステソの後継者であるフリオは、精力的に製作を続け、国内外、世界中で名声を獲得しました。

未来
今日は、フリオの娘、カルメン・コンデと孫娘パトリツィアは、コンデ・エルマノスの伝統的な製作技法を継承し、材料を慎重に選別し、絶妙な音の細部にまで配慮した製作で、世界的な名声を持つ、コンデ・エルマノスブランドを守り続けている。





ミナサーン!アリガトウゴザイマシタ!












12月6日(日)13時から、当店にて講演会&展示即売会「コンデ一族の歴史と現在」を開催致します。

世界中の名演奏家に愛奏されるギターブランド「コンデ・エルマノス」工房が1915年に開設して今年で100周年となりました。
その記念すべき年に当店では、コンデ・エルマノス工房の歴史を詳しく解説するという講演を行い、当店のフラメンコギター講師であるエミリオ・マヤの店内コンサートも行います。
コンサートでは、コンデ・エルマノス アトーチャ工房のギターを実演していただく予定です。

入場無料・要予約

ご来場お待ちしております。







カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 26 27 28 29
30
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]