忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター専門店のブログです。
[826]  [825]  [824]  [823]  [821]  [820]  [819]  [818]  [817]  [816]  [815


本日、13時~松田弦氏のインストアライブを行いました。
人気、実力を兼ね備えた話題のギタリストであるため場内は満員となりました。

今回は「新作クラシックギター弾き比べ」と題して当店にある新作の銘器を演奏していただきました。

13時、松田氏が登場すると、会場からは割れんばかりの拍手が!
ドレッドヘアーがひときわ目を引く松田氏、かっこ良いです!

本日使用の楽器
①ジャン=ピエール・マゼ Jean=Pierre Maze
②イグナシオ・フレタ・エ・イーホス Ignacio Fleta e Hihos1999
③パコ・サンチャゴ・マリン Paco Santiago Marin 40th Anniversario
④パウリーノ・ベルナベ Paulino Bernabe Especial Model
⑤ジム・レッドゲイト Jim Redgate
⑥グレッグ・スモールマ ン&サン Greg Smallman & Son
(曲目は追ってお知らせします。)

松田氏は、ギターショップにはあまり行かないそうです。その理由は「弾くと欲しくなるから」との事です。

元々使用していた楽器は、
スペイン製ギター

桜井ギター

カール・ハインツ・ルーミッヒ(現在使用)
との事ですが、ルーミッヒはタイで行われたコンクールで優勝した時に賞品として頂いたそうです。ルーミッヒと言えば、現在では非常に人気を博しているドイツの製作家です。

立て続けに演奏して頂きましたが、松田氏は「そういえば、今日、ギターの話ってしましたっけ?」「まあ、聴いて頂いた皆さんであればお解りいただけたと思います」
そうです!すべての楽器に様々な個性があり、1本ずつ全く異なる音色であることが、良く解りました。個人的には、ジャン・ピエール・マゼの太くて色気のある低音と、パウリーノ・ベルナベの明るくて伸びやかに唄う高音が良いと思いました。

6本のギターを演奏しましたが、はじめて持ったギターとは感じさせないほど自由自在に弾きこなしておりました。さすがは数々のコンクールで優勝を飾ったテクニシャンです。

アンコールに、松田氏が所有するルーミッヒに持ち替えバッハを演奏。

新作クラシックギターの魅力をたっぷり味わった1時間でした。


↑お疲れ様でしたー









PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]