忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター専門店のブログです。
[329]  [328]  [327]  [326]  [325]  [323]  [322]  [321]  [320]  [319]  [318


久しぶりの映画ネタです。

ローズ・ボッシュ監督「黄色い星の子供たち」

ストーリー
ナチス占領下のパリで暮らすユダヤ人は、胸に黄色い星を付けることが義務付けられる。いろいろと嫌な思いをしつつもジョーと家族は、ささやかな幸せが続くことを信じていたが─。
1942年に行われた史上最大のユダヤ人一斉検挙“ヴェル・ディヴ事件”を描いたドラマ。50年もの間封印されていた真実が、今明らかに!

これはフランスで実際に起こった事件を描いておりますが、ヴェル・ディヴ事件とは、第二次世界大戦中、フランス当局がユダヤ人迫害に積極的に関与していたという驚くべき事実を指します。1942年、ナチス占領下のパリでフランス警察がユダヤ人1万3千人を一斉検挙し、パリのヴェルディブという屋内競輪場に5日間監禁。水も食料も与えず、その後、ほとんどの方が強制収容所送りになり、大多数の尊い命が失われました。

ユダヤ人迫害を描いた映画、小説などは沢山ありますが、この、ヴェルディブ事件は、1995年にシラク大統領が世界に向けて公式に謝罪するまで、ほとんどの人が(フランス人でさえも)この事実を知らなかったそうです。
シラク大統領の公式謝罪をきっかけに、ヴェルディブを題材にしたユダヤ人迫害の映画は3本ほど作られております。

まあ、とにかく重たい内容ですが、最後にほんの少しの希望も見えます。

いつも、このような題材の映画を観て思いますが、ユダヤ民族の方は芸術性にとても優れた才覚を持ち、多分野に能力の高い人材を輩出しております。,生き延びていれば世界中にその名前が知れ渡るはずだった、芸術家、演奏家など多数いる事を考えると、とても残念に思います。

私見ですが、ユダヤ系の女性は圧倒的に綺麗な方が多いと思います。(グウィネス・パルトロウなど)皆様どう思います?

今日は珍しく娯楽性の無い映画のご紹介でした。

またお会いしましょう!





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]