忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター専門店のブログです。
[581]  [580]  [579]  [578]  [577]  [576]  [574]  [573]  [572]  [571]  [570
ボクシングブログは読まないという方もご一読下さい。

今日は、ボクシングが登場する映画を特集します。ボクシングが登場する映画は多数ありますが、その中で私がオススメする映画を何点かご紹介します。

 
「ザ・ハリケーン」ノーマン・ジュイソン監督
投獄されたボクシングの名選手ルービン・カーターが、無罪判決を勝ち取るまでを実話に基づいて映画化したものです。ハリケーンの異名を持つカーターは後に、投獄されていなければチャンピオンになっていたであろう、などの意味もこめてWBCよりチャンピオンベルトを授与されております。デンゼル・ワシントンの名演技もお見事。



 
「カシム・ザ・ドリーム~チャンピオンになった少年兵」キーフ・デビッドソン監督
ウガンダで国民抵抗軍に誘拐され兵士として訓練を受けた少年がアメリカに渡りボクシングで世界の頂点を目指すという壮絶な実話を描いた映画です。カシム・ウーマの試合はWOWOWでよく見ておりましたが、こんなすごい人生を送っていたと知って改めて尊敬しました。


 
「シンデレラマン」ロン・ハワード監督
アメリカ大恐慌時代の実在するボクサーを描いた映画。ジム・ブラドックが苦難を乗り越え世界チャンピオンを目指す感動作です。当時、対戦相手を強打で殺したことがある無敵のチャンピオン、マックス・ベアに対して、貧しく労働階級出身のブラドックが果敢に挑む姿は大恐慌時代、様々な人々を勇気づけたそうです。



 
「キッズ・リターン」北野武監督
ボクシング好きの北野監督が手掛けた青春映画です。大人に差し掛かる微妙な年頃に男であれば、ほとんどの人間が経験するような日常が淡々と描かれております。
ボクシング経験もある監督なだけにボクシング技術も素晴らしく、主役のシンジ役である安藤政信さんの動きはプロボクサーと言っても差支えが無い程。映画はボクシング技術に難があることが多いのですが、相当の鍛錬をして映画に挑んだはずです。

他にも、皆様ご存知「ロッキー・シリーズ」「ライジング・ブル」「ALI」「ミリオン・ダラー・ベイビー」以前にブログでご紹介した「ザ・ファイター」http://htnc.blog.shinobi.jp/%E6%98%A0%E7%94%BB/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC
など色とりどりの映画があります。今日、ご紹介した4作品のうち「キッズ・リターン」以外は全て実話。いかにボクシングがドラマ性のあるスポーツか良く解りますね。







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]