忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター専門店のブログです。
[1]  [2]  [3]  [4


さて、知床と言えば、真っ先に思い浮かべるのが、秘湯中の秘湯である「カムイワッカ湯の滝」です。

これは文字通り“湯の滝”であり、温泉が流れている滝なのです。

場所は知床半島のちょうど中央に位置し、斜里町から28キロほど山間に進むと到着しますが、現在では通行規制がかなり厳しくなり、滝へ続く道路(林道)は6月から10月の間しか通行出来ません。しかも、8月、9月は観光客が多いためか、乗り入れ制限があり、斜里町から出るシャトルバスでしか行けないそうです。2005年、世界遺産に登録された事により観光客が激増し、このような規制が確立されたようです。

私が行ったのは、世界遺産に登録される前の1997年ですから、現在ほどの規制が無く、好きなだけ秘湯を楽しむことが出来たのでした。

沢から温泉が流れており、川の水と混ざり合って、適度な温度になった滝つぼに浸かる!

まさに秘湯です!この状況だけでもワクワクしますが、驚くことに世界遺産に登録されるまでは、さほど有名では無かった様に思います。

私は羅臼のあたりから、ヒッチハイクで、宇登呂方面に戻るとき、運転手の大学生(東京から来た二人組)に「カムイワッカ湯の滝、知ってます?せっかくだからみんなで行ってみませんか?」と問いかけると、「カム?そりゃ何ですか?修行場か何かあるのですか?」と、全く知らない様子。とりあえず、温泉の滝つぼに入るという日本有数の秘湯だと教えると、“なぬ?そんな凄いところが!すぐに行きましょう”との事で、林道を数キロ走り、滝のふもとまで乗せていただいたのでした。

林道をかなり奥まで走ると、小さな石橋が見えてくるのですが、その下を温泉の交じり合った川が流れているのです。ある程度の高地に来ており、山と山の間から見えるオホーツク海がとても美しいです。

ここで、草鞋(わらじ)を貸しているおじいさんに遭遇。履かないと本当に滑るので、絶対に履いた方が良いと念を押されます。前日にキャンプ場で、「カムイワッカ湯の滝で、滑って骨折する観光客が後を絶たない」という噂を耳にした私は迷わず、500円(当時)払って草鞋を借りたのでした。

  続く。









PR


富士山の世界遺産(文化遺産)登録が決定したようです。様々な条件をクリアしての登録ですが、富士山は意外と身近な感じがして、世界遺産と言っても今一つピンと来ないのは私だけでしょうか・・・
まあ、富士山と言えば、海外の方から見れば「日本の象徴」「日本の代名詞」というイメージを抱くのでしょう。再三、放送されておりましたが、やはり、銭湯の絵は富士山が一番しっくりきます。
ちなみに、富士山の裾野の大きさで考えると、本来は、高さが7千メートルを越えなければおかしいとの事です。要するに,やたらと、裾野が広がっているのです。

さて、富士山の登録により話題沸騰の世界遺産ネタですが、本日のブログは私がオススメの”日本にある世界遺産”をほんの少しご紹介させていただきます。

オススメといっても、日本にある世界遺産17か所のうち、私が訪問したことがあるのは、たったの4つです。その4つの中でも特に素晴らしいと思うところは、ズバリ「知床」です!

知床は、北海道の東に位置し、海と山が、程よいバランスで調和を保つ世界屈指の美しい半島です。道東は阿寒湖を始め、温泉地など多数の観光スポットがありますが、知床は、大自然の営みを徹底的に楽しむことが出来るのです。

知床半島付け根には、斜里町という静かな町があり、そこから半島の奥に向けてオホーツク海沿いに進むと、海と山の雄大な景色がずっと続きます。ここで、手前側に宇登呂港という漁港がありますが、山の方に進み、知床の裏側に出ると、羅臼という静かな漁港に到着します。(途中の峠はいつも霧が凄いので要注意)この羅臼に、「熊の湯」という無料の露天風呂があります。観光客というよりは、バックパッカーやライダーご用達の混浴温泉です。湯加減もその時によってかなり違うような・・・穴場的オススメスポットです!
 

熊の湯↑              オシンコシンの滝↑
 
オホーツク側に話を戻しますが、途中、知床八景である「オシンコシンの滝」を右手に見ながら、東側に進むと、途中の高台にあるキャンプ場に「夕陽台」という、絶景スポットがあります。ここから、オホーツク海に沈む、夕日は素晴らしいです。


←夕陽台

というわけで(ページの都合がありますので)続きは次回に!











カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]