忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター/Martin K.Yairi アコースティックギター/ウクレレ 専門店のスタッフブログです。
[1]  [2]  [3]  [4
礼文島に二つしかないキャンプ場の一つ「緑ヶ丘キャンプ場に」連泊することにしたのですが、のどかな雰囲気のおかげで、時間がとてもゆったりと流れているように感じるのです。
礼文島は、北海道の北端である稚内から西へ60キロほどの場所にありますが、人口は現在では2800人ほど。高山植物が多数生息し「花の浮島」と呼ばれており、高山植物マニアの間では聖地であるそうです。

また、礼文島を旅するなら、一度は行かなければならない「愛とロマンの8時間コース」という微妙なネーミングでありながら、とても有名なトレッキングコースがあるので、この連泊中、必ず行ってみようと心に誓ったのでした。

キャンプ場2日目、京都から来た大学生と共に「礼文林道」なる林道に、高山植物では有名な「レブンアツモリソウ」を見に行きました。この植物は礼文島にしか生息しない非常に珍しい植物で、自称植物オタクの京都から来た大学生A君は、「とても珍しいので、こんなものが実際に見れるなんて夢のようです」と目を輝かせておりました。

 
林道を1時間ほど歩くと傾斜している草地に柵があり、一目で保護されている区域であることが伺えるのですが、植物に詳しくない私はその中に入り、「なんか有名な植物なら一緒に写真撮ってもらえます?」と言ってカメラを渡すと、A君は絶句。同時に警笛が鳴り、地元の方が遠くから大急ぎで走ってきました。「駄目だよ!そこに入っちゃ・・・保護しているのだから」と怒られたA君と私は、すごすごとその場を立ち去ることに。帰路A君「いやー、凄いもの見ましたね!」と感慨深いようでしたが、その価値が分からない私は、「そんな凄いものだったのですか・・」という感じ。無知というのは勿体ないものです。

 

その日の夜、キャンプ場で宴会を催した際に、「愛とロマンの8時間コース、誰か行きました?」と問いかけると、静岡からきたオジサンが「あそこはすごく良いよ!必ず行った方が良い、あのコースはまるで人生の縮図だよ!」などと、意味深なセリフを言っておりました。

翌日、朝6時に起床してA君と二人で「愛とロマンの8時間コース」に向かうと約束し、眠りについたのでした。

さて、「愛とロマンの8時間コース」なる有名なトレッキングコースはいかなるものか?
この時点では、場所によっては遭難者や死人まで出しているコースだとは知る由もないのでした。

続く。





PR
http://htnc.blog.shinobi.jp/%E6%97%85/より続き


桃岩荘がある礼文島へ行くには、北海道最北端の稚内からフェリーで2時間ほどの時間を要します。フェリーで港から出るとき、お約束の紙テープを初めて見たのでした。↓


 
 
 
 

礼文島に到着すると(もちろん、港は一つしかありません)小さな船着き場があり、フェリーターミナルも相応の大きさで、メイン通りの十字路に信号が一つあり、私の記憶ではこの島で見かけた信号はこの一つだけでした。要するに、信号なんて無用というほど交通量が少ないのですが、これは信号の役割(青→進め、黄→注意、赤→止まれ)を皆様に教え込むためだけに存在しているのです。(たぶん・・・)

港前のレストラン(名前がどうしても思い出せない)で、シーフードカレーなるものを頼みました。価格は高くて1200円。味は可もなく不可もなく海の幸を多く使った普通のシーフードカレーでした。
レストランのマスターが、
「お兄ちゃん!どこに泊るの?」
「ええと、今日は桃岩荘で1泊して、それからキャンプ場に連泊します」と私が答えると、マスターは「桃岩荘か・・あすこは賑やからしいね・・ハッハッハッ!」と謎の笑みを浮かべるマスターを尻目にお店を出ると、目の前を原付が横切ったのですが、原付なのにノーヘル、しかも子供を後ろに乗せて、交番の前を当たり前のように通る姿なんて、この島の、のどかな部分を物語っているではありませんか。

あまりに良い天気で、キャンプ場に泊りたくなった私は急遽予定を変更。海沿いを1時間ほど歩けばキャンプ場があるため、そちらへ向かったのでした。まあ、ここらへんが一人旅の気楽なところです。途中、小さな商店に立ち寄りキャベツを買うと、「あれま~・・・観光で来ているのにキャベツなんか買うの・・・」とお店のオバちゃんに問いかけられましたが、やはり島の方は外から来た人間はすぐに気付くのですね。

そして、礼文島には2つしかないキャンプ場のひとつ緑ヶ丘公園キャンプ場に到着。


 

北海道内のキャンプ場は色々なところに行きましたが、その中でもここはお気に入りです。
非常に静かで緑も多く、また海からの風も適度に流れてくるため涼しく心地よい場所なのです。ちょうど尾根の谷間にあるため強い日差しも無く、高台にあるためロケーションも良く、晴れていれば海を挟んで対岸にある利尻島もばっちり見えます。

続く。









皆様は、ユースホステルをご存知でしょうか?

YH(ユースホステル)とは、国際ユースホステル連盟に加入している、世界中に点在するリーズナブルな宿泊施設の事を指します。地図上にもYHなんて書いてあるのを見た事ありませんか?元々、ドイツが発祥の地であるそうですが、今では世界に4000カ所以上、日本でも220カ所のユースホステルがあります。

ユースホステルの会員であれば3000円前後から泊ることができます。ペアレントという施設管理者が宿の運営を行っており、たいていは地元の人がヘルパーの為、様々な地域情報を親切に教えてくれるのです。

また、場所によっては、トレッキングツアーを行ったり、カヌー教室をやったり、物作りの講習を行ったりと、旅がより楽しめるような工夫をしているところも多数あります。

部屋は、この価格なので個室ではありませんが、少しシーズンオフであればタイミングによってはかなり広い部屋を独り占め出来たりします。

さて、今日のブログでは、日本のユースホステルにおいて、伝説的存在である「桃岩荘」についてお送りしたいと思います。

「桃岩荘」は、北海道の北端に位置する礼文島に昭和42年に開設されたユースホステルです。北海道を旅した私は、キャンプ場等で、様々な人から「桃岩荘」の噂を聞きました。

泊った人の話をまとめると・・・
・とにかく、とんでもない!・あんな所には二度と泊りたくない!・噂ほどではない!
・歌いすぎて声が枯れた!
等の、否定的な意見があれば、一方では・・・
・素晴らしい所だ!毎年必ず行きたい!・すごくアットホームで安心する!
・新たな自分に出会うことが出来た!・北海道を旅するならあそこに泊らなければ損する!
等の、好印象もありましたので、はたして、「桃岩荘」なる宿はどんなところなのか・・・

あまりに気になったので、怖いもの見たさで、道中、礼文島を目指すことにしたのでした。

続く。













夏休み明けで本調子にはほど遠い石井です。

先日、山梨県北杜市の友人宅へ泊りに行きましたが、その際、中央高速の須玉インターで降り「山梨県立フラワーセンターハイジの村」「明野町ひまわりの丘」に立ち寄りました。
今まで知らなかったので、かなりマニアックな場所だと思ったのですが、行ってみると結構良いところでした。

世の中には、色々なテーマパークがありますが、アルプスの少女ハイジのテーマパークとは、ちょっとビックリです。



中に入ってみると、園内はヨーロッパ調の建物と、綺麗に整備された花畑が見事に調和されており、非常にのんびりとした雰囲気を楽しむことができます。

園内には各キャラクターのパネルがあり、ハイジのグッズを扱ったお土産屋もあります。







ハイジの村を出ると、ほぼ向かい側に「明野町ひまわりの丘」があります。これは一面にひまわりが咲いている畑なのですが、ちょうど、この時期、町全体をあげて「サンフラワーフェス」というフェスティバルを行っておりました。

まあ、全部の畑でひまわりが咲いている訳ではありませんでしたが、それなりにひまわりの景色を楽しむことが出来ました。日照時間も日本一との事です。

ひまわりはお日様の方角を向きますから皆同じ方向を向くのです。




そんな訳で、須玉町を後にした私は、友人宅のある小淵沢へ向かいました。北杜市は、緑豊かで空気も作物も美味しく、まるで、となりのトトロに出てくるようなのんびりとした風景が続くとても綺麗な場所でした。

友人が丹精込めて作った無農薬野菜を心ゆくまで食べつくしお腹いっぱいです・・・

皆様も、夏休みにはこんな穴場を訪れてはいかがでしょうか。隠れた名所をご存知の方は是非、お知らせください。












登っていくと、温泉水の影響か、あまり見慣れない色の苔が無数に生えており、場所によっては半端じゃなく滑ります。草鞋を借りて良かったと痛感しました。

 
↑湯の滝 入口付近

最初にある滝つぼは林道から見える「一の滝」です。なんと!現在では、この滝つぼしか入ることが出来ないそうです。世界遺産登録後、大挙して来るようになった観光客から自然を保護するという目的と、滑落してけがをする人が圧倒的に増えたため、その防止により立ち入り制限が出来たのです。


私が行った頃(1997)は、上流に対しての立ち入り制限などは全く無く、最も絶景ポイントである「四の滝」まで行くことが出来たのでした。
「四の滝」までの道のりは、体力に自信のある方なら、さほど問題なく到達することが出来ましたが、ものすごく滑るので、その点は十二分に気を付けなければなりませんでした。

「四の滝は」ダイナミックな滝、深くて広く湯加減の良い滝つぼや、形の良い滝の傾斜など、非常にバランスのとれた構図で、この当時、「カムイワッカ湯の滝」という名目で撮られ、旅行雑誌などに掲載されている写真は、ほとんどがこの「四の滝」にて撮影されたものでした。

さらに、上に上ると、山間からオホーツク海が見渡せるスポットがあるそうです。
「四の滝」より上は、さらに傾斜がきつくなるので、私はこれ以上、上に行くのは諦めることに・・・

滝つぼの湯加減は最高で、イギリスからはるばる来た青年から「素晴らしい!遠くから来て良かった!日本は最高です!」と感嘆の声があがりました。

現在では、立ち入り禁止ですから、良い時に訪問したと痛感し、この「四の滝」に浸かった事がある方は、とても良い思い出になっているはずです。

知床は他にも、知床五湖の静かな雰囲気も素晴らしいですし、船に乗って、知床半島の先端まで行けば、海と山の調和のとれた雄大な景色をご覧いただけます。

北海道のおすすめは各地に花が咲く5月か、観光客が少し減る9月くらいが良いと思います。

皆様も、世界遺産である知床に、遊びに行ってはいかがでしょうか。
旅の特集はまたお送りします。








カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]