忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター専門店のブログです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
先日のブログで、買ってきたばかりのドジョウが、あっという間に姿を消してしまったという事件をお伝えしました。その後、ネットでこのような事例が他に無いか検索をしてみたところ、沢山のコメントが掲載されておりとても参考になりました。

簡単にまとめると、ドジョウは凄い勢いで水槽の外に飛び出し、その後、しばらく生きていることが出来る為、少しずつ移動し、どこかの物陰に隠れ、ひっそりと死んでいる、という事が考えられるそうです。移動して靴の中で発見されたり、中には水槽から3メートルもの距離を移動したドジョウもいるそうです。
ドジョウが消えた次の日、ネットで調べた事を参考に、色々なところを探してみましたが、やはり見つかりませんでした。

それから3週間ほどして、今度は3匹のドジョウを購入して水槽に放すと、なんと、1匹がすぐに水槽の外へ飛び出し、玄関をクネクネと移動しているではありませんか!
とりあえず、これ以上飛び出してはマズイと思ったので、水槽と蓋の隙間部分にサランラップを張ってカバーしておきました。これで大丈夫だと思います。

この、飛び出しを実際に目撃したので、前に飼ったドジョウが飛び出してどこかで息絶えた事が解りましたが、亡きがらが全く見つからなかったので、飼い猫のリンちゃんが食べたのではないかと考えておりますが・・・猫ってドジョウ食べるんですかね?

リンちゃん↓










PR
先日、水槽を60センチの物へ変更しました。今までは、30センチほどの水槽を2つ並べて飼っていたのですが、さすがに狭くなってきたため60センチ水槽を購入し、その水槽に金魚をまとめました。



そして、水槽を購入した際にドジョウを1匹買いました。
シマドジョウという、最もオーソドックスな種類で、皆様も見たことがあると思いますが、この、シマドジョウ、よく見るとヒゲが生えていてとても可愛らしい顔をしているのです。

ドジョウは底にある餌を食べてくれるので、お掃除屋さんのような役割で飼うことが多いのですが、可愛いし、掃除もしてくれるので一石二鳥なのです。さらに、金魚に比べて丈夫なので、悪い環境でもしっかりと長生きしてくれます。

買ってきたドジョウを早速、水槽に入れて眺めました。
買ってきた魚は飼育前にビニールのまま水槽に入れたりして徐々に新しい環境に慣らしていくのですが、ドジョウは丈夫だから大丈夫!と勝手な思いで、即投入しました。

ちょうどこちら側に顔を向けていたのでじっくり眺めると、非常に愛嬌のある顔をしております。
その名が表す通り、体は縞模様で、茶色と黒の中間のような色なのですが、この模様は、餌により変化していくのです。

以前もドジョウを飼っていたことがあるのですが、その際は、金魚の餌の影響により、体がだんだん白く変化していき、体長も20センチを超えたため、まるで白いウナギのようでした。

さて、水槽に投入し2時間ほど経過してから覗いてみると、あれ?どこを探してもいないです。まあ、底には砂利もあるのでその中に潜ったのだろう・・・くらいに思っていたのですが、それからさらに1時間ほどして覗くと、やはり、いない!!
買ったばかりですから、気になって水槽の中を探してみました。水槽に手を入れて砂利も軽く動かして探してみたのですが、やはり、見つかりません。

次の日の朝、やはりどこを探してもドジョウ君はいませんでした・・・

さて、どこに消えてしまったのでしょう?

続く








先日、インターFMのラジオ番組、バラカン・モーニングにて、ピーター・バラカンさんがお話しされていた面白い話題をご紹介しようと思います。

2012年ベルリンにて実際に行われた実験ですが“ギタリストの脳はシンクロする”という実験結果についてのお話なのです。

ギタリストAさんと、ギタリストBさんを同じ部屋で椅子に座らせ、同じ音楽を聞かせたところ、それまで異なる動きをしていた脳波が同じ波長でシンクロを始めるそうなのです。

複数のギタリストで実験を行ったそうですが、中には、今から音楽を流しますとアナウンスしただけで即座に脳波がシンクロし始める方もいるそうです。
この、同調する部分というのは脳の中で社会性を司る部分であるそうですが、このシンクロする部分が、バンドのタイトさ、リズムにも大きく影響を及ぼしているそうです。

また、バラカンさんが、面白い事を仰っておりましたが、「何故、ギタリストを選んだかと言うと、譜面を読まない方が多いからです」との事。まあ、これで実験に協力したギタリストが、クラシックギタリストで無い事が解りますね。

脳というジャンルは皆様ご存知の通り、非常に奥深く難解な部分で、音楽と脳の関連を記した著書も多数あるようです。

このようなジャンルでおもしろい本がありましたら「石井の小部屋」までお知らせください。







最近、サッカー、ボクシングネタとスポーツ情報ばかりお送りしましたので、本日は様々な音楽を手軽に楽しむ方法としてインターネットラジオを取り上げたいと思います。

ラジオに関しては以前のブログで、ご紹介したことがありますが、その際にラジオの良さは“見なくて良い”とお伝えしました。耳から入ってくる情報は、時に視覚でとらえるものと比べ物にならないほどの容量があるのです。

しかし、実際にラジオを日常で聞く習慣がある人と、そうでない人がおります。仕事中に職場でラジオを聞ける環境、運転中など、ラジオを日常的に聞く人。その逆で、仕事中もBGMは流さないし、運転もしない、家にラジオが無い、ラジオがあってもFMの電波がうまく入らず聞き取りにくい、と言う方も多いのではないでしょうか。

そこで、ラジオに馴染みが無い人、聞きたくても聞けない人にオススメなのがインターネットラジオです。

パソコン(またはスマホ)があれば、いつでも高音質でラジオをお楽しみ頂けるのです。
※もちろんインターネットに接続できる環境が必要です。

インターネットラジオの定番としてRadiko.jpにアクセスしてみて下さい。
このサイトにアクセスして、お住まいの地域を設定すればTBSラジオや文化放送、ニッポン放送からFMの主要局まで、解りやすい番組表がずらっと表示され、簡単に聞くことが出来るのです。ちなみにNHKのラジオ番組にかんしては、らじる★らじるにアクセスしてください。こちらでお楽しみいただけます。

もちろん、スマホでも専用のアプリをインストールすれば簡単に移動中でもお楽しみ頂けるのです。

今まで、普通のラジオで番組をMP3プレーヤーにダイレクト録音していた私は、ネットラジオを知ってビックリ!音質もCD並に良いので、今までの苦労がウソのようです。

実際に放送している時間とのタイムラグは3~4秒ほど。番組はそのままCMもしっかり放送されます。
番組によってはポッドキャストなどで、後日、放送したラジオ番組を配信していますが、著作権の関係で、ラジオとしてすごく重要な部分である“曲が聞けない”のが難点でした。
ですから、インターネットラジオで番組をそのまま楽しむことを強くオススメします。

しかし、聞きたい番組があるときにパソコンの前に常にいなければいけないのでは?と考える方の為に、次回は、ネットラジオの便利な録音方法をご紹介します。









昨日、横浜大楽器祭が終了致しました。当店やお茶の水クラシックの方から様々な楽器を出し、期間中展示させていただきましが、年内にはもう一度行う予定ですので、その際は宜しくお願い致します。

さて、横浜大楽器祭だけではなく、フジテレビの長者番組「笑っていいとも」が最終回を迎えました。
昨日の最終回で、32年もの長い年月、お昼の番組として看板的な存在でありましたが、1人の司会者が生放送で行うという形式ではギネス記録にも認定されているそうです。

タモリさんの人柄、特に話術はいつも自然体で、初めてお会いした方でも簡単に緊張がほぐれるようですね。私の中で「笑っていいとも」は、中学生の頃、夏休みに見るという“夏の定番”のようなイメージがありました。友達の連鎖で、毎日違うゲストが登場し、お昼のひと時を新鮮味のある楽しい時間に変えてしまう巧みな話術は最高でした。

最後の放送で、笑福亭鶴瓶氏が、タモリさんへのメッセージで「この人は港のような人」と仰っておりましたが、そうです!この番組を巣立った芸人の方は沢山おります。

終わってみると寂しいものですが、時代は変化していくものですからやむを得ないでしょう。

ちなみにタモリ倶楽部の方も32年間放送しているそうです。

こちらはまだまだ続きそうですね。

タモリさんお疲れ様でした。








カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]