忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター/Martin K.Yairi アコースティックギター/ウクレレ 専門店のスタッフブログです。
[1138]  [1137]  [1136]  [1135]  [1134]  [1133]  [1132]  [1131]  [1130]  [1129]  [1128
石井の小部屋をご覧の皆様こんばんは。
先日、26回目の献血を行った小部屋管理人の石井です。
献血(全血献血)は、1年間で献血できる総量が決まっているため、1年単位で考えると3回しか行えません。
よって、私が次に行えるのは、11月となってしまい、その後2月→5月→11月のサイクルを繰り返すことになります。
個人的には、週1で抜いていただいても平気だと思うのですが・・・

さて、本題です。
皆様は図書館を利用することがありますか?

私は、基本的に本を読むことが好きな方ですが、図書館の存在をすっかり忘れておりました。小学生の頃、金曜日の放課後になると、学校に移動図書館みたいな車が来て、それを心待ちにしておりました。その移動図書館を利用しなくなり、おおよそ30年が経過し、今では、気になった本を購入するか考えるときは・・・
・どうしても読みたいものは単行本でも買う
・文庫化されるのを待つ
・文庫化され、さらに古本屋に出回るのを待つ
この3種に区分されますが、ある日「そうだ!読みたい本は図書館で借りれば良いんだ!」と当たり前の事に気が付きました。

図書館に行ってみると、蔵書の多さに感動!!
常設されている端末で検索すれば、瞬時にどこの棚に置いてあるか解りますし、返却時も、近くの公民館に返せるので、とにかく便利なのです。
とりあえず、初日は会員カードを作り、将棋の本を1冊借り、満足して帰りました。

後日、自宅のPCで検索すると、探している本がほとんど在庫であり、しかも予約まで可能と解り、改めて図書館の利便性に感動しました。

そして先日、以前から読みたいと思っていた本を借りに行きました。
探すのが大変そうなので、早速、図書館のPCで検索し、詳細が書かれた紙を係員の方に渡し
「すみません、この本、借りたいんですけど」と伝えると
「この本は、書庫にありますので、そちらの奥の部屋に行って、この紙を渡して下さい」
「しょこ?」
奥に向かうと、ほとんどの調べ物がこのフロアで済んでしまいそうな、百科事典の宝庫といえる独特の雰囲気部屋がたっぷりの部屋ありました。
司書さんに紙を渡すと「しばらくお待ちください」と、さらに奥に向かうと、一般の人は入室が出来ない扉を開き、その中から私の希望する本を持ってきてくれました。
なるほど!あそこが書物の倉庫だから書庫というのか・・・と、これまた当たり前のことを思いながら手にした本がこちらです。



「世界最悪の旅」Aチェリー=ガラード



この本は、1900年初頭に南極点を目指したイギリスの探検家スコットを中心とした悲劇の冒険史ですが、詳しくは読み終えてからご紹介させていただきます。
以前から読みたかった本を、特別な部屋から持ってきていただき、しかも無料で読めるわけですから、ものすごく得をした気分になりました。

貸し出し期間も2週間と決まっている為、だらだら読むわけにもいかないですし、色々な本を読んでみたい方には是非、図書館をオススメします!










PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]