忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター専門店のブログです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
皆様、こんばんは。小部屋管理人の石井です。

本日、重要なご報告をさせていただきます。

私、石井はこの度、クロサワ楽器を退社することとなりました。

まだまだ、連絡が出来ていない方もいらっしゃると思いますので、この場を借りてごあいさつとさせていただきます。

ギターという楽器を通じて素晴らしい出会いが沢山ありました。この小部屋をご愛読いただいているお客様、店頭の方でお世話になったお客様等、上げればきりがないですが、皆様、本当にありがとうございました。

このブログもなんと!1255回目となりました。栗山さん、オマタ君の協力がありここまでブログを継続することが出来ました。
途中で頓挫した企画が多数あり、(名勝負伝説、北海道旅行、グァム旅行など)続きはまだですか?とありがたいお言葉をいただきましたが、こんな形で最終回を迎えてしまい何とも心苦しいと思います。

そこで、断髪式ならぬ、断爪式を送らせていただきお別れをさせて頂きたいと思います。






クラシックギターを始めて、12年くらいだと思いますが、その期間でおそらく初めてここまで短く切ったのではないでしょうか、とてもスッキリしました!



では皆様、どうかお元気でお過ごしください。

どこかでお会いしましょう!!






PR
当ブログ「石井の小部屋スペシャル」は、ギター売り場のブログであるにも関わらず、ギターに関するネタが少ないと言われます。
もちろん、賛否両論ありますが、今回は珍しくギターについて書かせていただきます。

これだけのクラシックギターを扱っていると、様々なギターに触れる機会があり、当然ながら好みもはっきりと出てきます。

クラシックギターはどんなものが好きですか?と聞かれると、私は迷わず、アグアドやマルセリーノ・ロペスと答えます。

エルナンデス・イ・アグアドが持つ高貴な透明感は、一度はまると病みつきになり、真の銘器が持つ特徴である“弾き手を映し出す鏡そのもの”という表現がこれほど似合うギターは無いと思います。
出来るだけ綺麗に鳴らせば、即座に反応し、伸びやかな高音など神々しさも感じるほどです。たまに遠達性についてお客様から聞かれることがあります。これは、どこまで音が遠くに届くか?という事に着目しているのですが、良い弾き手と良い楽器が合わさる事により、遠達性が生まれる物だと思います。そして、遠達性を求める楽器として、真っ先にアグアドを推薦させていただきます。

もちろん、マルセリーノ・ロペスも同じく素晴らしい楽器で、アグアドと比べてより柔らかい印象を受けます。

まあ、楽器の好みは、味覚と同じ様な感じで十人十色。

オーストラリア系の音量を求める楽器を好きな方もいれば、国産をこよなく愛す方もおりますので、本人が納得してその楽器を使っていれば良いですよね。

本日は、私の好きなギターについて書かせていただきました。














以前、書かせて頂いたブログで触れさせていただきましたが、御朱印集めを行っております。

御朱印とは、お寺や神社でいただく朱印ですが、参拝し、その後、御朱印帳という帳面に朱印と、参拝した場所の名称を記していただくものです。

これは昨年の8月より始めたのですが、やってみるとても楽しく、また様々な所で参拝を行うことによって、御利益をたくさん受ける気がして心が洗われるような気持ちになります。

基本的に神社とお寺で御朱印を頂けるのですが、もちろん、神と仏ですから、御朱印帳は別々に用意しなければいけないそうです。私は神社の方を集めております。

ここで、昨年の8月より集めた御朱印をご紹介させていただきます。


その中でもお気に入りは



太い文字が印象的な神田明神




当店近くの稲荷神社



スカイツリー近くにあり、左下の牛が目をひく牛嶋神社

どれも個性的ですよね。
日本全国探すと、もっと特徴的な御朱印がありますので、いただいた際はこのブログでご紹介させていただきます。













お正月といえば年賀状です。

年賀状も出される方の個性がとても発揮されているものから、なんとも寂しい業務用的なハガキまで様々なものがあります。
毎年ニュースで耳にするのですが、スマホの普及により、毎年、年賀状を出す方が減っているそうです。
しかし、元旦に届く年賀状は一年に一度のイベントですから、手の込んだ年賀状をいただくと嬉しいものですよね。

というわけで、毎年、出来るだけ手の込んだ年賀状を作成しようと考え、12月初旬から製作を始めようと思うのですが、気付くと12月20日が過ぎ、あわてて取り掛かるというのが通例となっております。

年賀状製作ソフトを使用し、その人に関連のある写真を配置し、その上で手書きのメッセージを書き込むのですが、何枚も書いていると、同じような文章になってしまいます。
これも毎年思うので、もう少し余裕をもって製作すれば、濃い内容のメッセージを書き込めるはずです。

さて、年賀状を印刷する際に必要なプリンタのインクですが、年賀状作成シーズンになると購入することが多いですね。これって純正品と、汎用品の価格の差にいつも迷いませんか?

私の使用するインクが6色セットで純正品は5000円くらい。
去年は家電量販店に行き、3980円で売っている汎用の物が目に留まり、店員の方に確認すると“問題なく使える” “むしろこちらの方が売れている”との事でしたので、そちらを購入したのですが、全く問題なく使用することが出来ました。

そこで、昨年の年末、純性じゃなくても良いか、と軽い気持ちでホームセンターに行くと、何と、そこには2480円の物がありました。
迷ったあげく、それを購入し、さらにビックリ!
私が見ていたプライスは2個買えば2480円という驚きの価格で、1個購入した場合1400円と激安の汎用品だったのです。(しかも黒1色おまけ付き)

家に帰ってさっそく印刷してみると全く問題なく使用することが出来ました。
今後、使用していると不具合が出るか?等の心配は少しありますが、経済的にはとてもお得なので、これで良いのではないかと思ってしまいました。

調べてみると

・汎用のインクを使用しプリンタが故障した場合はメーカー保証が受けられない
(当たり前!)
・写真を印刷した場合、年数を経過すると、純性に比べて色が薄くなったり、くすんでしまう可能 性が高い

との事です。

皆様は、どちらのインクをご使用しますか?












石井の小部屋をご覧の皆様こんばんは。
先日、26回目の献血を行った小部屋管理人の石井です。
献血(全血献血)は、1年間で献血できる総量が決まっているため、1年単位で考えると3回しか行えません。
よって、私が次に行えるのは、11月となってしまい、その後2月→5月→11月のサイクルを繰り返すことになります。
個人的には、週1で抜いていただいても平気だと思うのですが・・・

さて、本題です。
皆様は図書館を利用することがありますか?

私は、基本的に本を読むことが好きな方ですが、図書館の存在をすっかり忘れておりました。小学生の頃、金曜日の放課後になると、学校に移動図書館みたいな車が来て、それを心待ちにしておりました。その移動図書館を利用しなくなり、おおよそ30年が経過し、今では、気になった本を購入するか考えるときは・・・
・どうしても読みたいものは単行本でも買う
・文庫化されるのを待つ
・文庫化され、さらに古本屋に出回るのを待つ
この3種に区分されますが、ある日「そうだ!読みたい本は図書館で借りれば良いんだ!」と当たり前の事に気が付きました。

図書館に行ってみると、蔵書の多さに感動!!
常設されている端末で検索すれば、瞬時にどこの棚に置いてあるか解りますし、返却時も、近くの公民館に返せるので、とにかく便利なのです。
とりあえず、初日は会員カードを作り、将棋の本を1冊借り、満足して帰りました。

後日、自宅のPCで検索すると、探している本がほとんど在庫であり、しかも予約まで可能と解り、改めて図書館の利便性に感動しました。

そして先日、以前から読みたいと思っていた本を借りに行きました。
探すのが大変そうなので、早速、図書館のPCで検索し、詳細が書かれた紙を係員の方に渡し
「すみません、この本、借りたいんですけど」と伝えると
「この本は、書庫にありますので、そちらの奥の部屋に行って、この紙を渡して下さい」
「しょこ?」
奥に向かうと、ほとんどの調べ物がこのフロアで済んでしまいそうな、百科事典の宝庫といえる独特の雰囲気部屋がたっぷりの部屋ありました。
司書さんに紙を渡すと「しばらくお待ちください」と、さらに奥に向かうと、一般の人は入室が出来ない扉を開き、その中から私の希望する本を持ってきてくれました。
なるほど!あそこが書物の倉庫だから書庫というのか・・・と、これまた当たり前のことを思いながら手にした本がこちらです。



「世界最悪の旅」Aチェリー=ガラード



この本は、1900年初頭に南極点を目指したイギリスの探検家スコットを中心とした悲劇の冒険史ですが、詳しくは読み終えてからご紹介させていただきます。
以前から読みたかった本を、特別な部屋から持ってきていただき、しかも無料で読めるわけですから、ものすごく得をした気分になりました。

貸し出し期間も2週間と決まっている為、だらだら読むわけにもいかないですし、色々な本を読んでみたい方には是非、図書館をオススメします!










カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]