忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター専門店のブログです。
[259]  [257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [249]  [248]  [247]  [246
←大逆転といえばこれ


 今回から始まりました新コーナー「名勝負伝説」
野球、サッカー、ボクシング、競馬、囲碁、将棋、等々、勝負と名の付くもので、記憶に残る名勝負をジャンル一切関係無しで、私と栗山氏でご紹介していきます。
 
記念すべき第一回目は
 
ディエゴ・コラレス(WBO王者)×ホセ・ルイス・カスティージョ(WBC王者)
ボクシングWBC・WBO世界ライト級王座統一戦
2005年5月7日 ラスベガス
 
当時、この階級でKOを量産し無敗の絶対王者であった“ブラジリアン・ボンバー”ことアセリノ・フレイタスをKOにて下し2階級制覇チャンピオンであった破格の強打者ディエゴ・コラレス。一方、タフで粘り強く、豊富な手数で相手を圧倒する生粋のメキシカンファイター、ホセ・ルイス・カスティージョ。
 
両者の対戦はチャンピオン同士の統一戦である事で当然のように注目を浴び、常に相手にプレッシャーをかける強打者対メキシコの英雄フリオ・セサール・チャベスのようなタフネス、ボディブローが武器という好対照な二人の対戦は、ボクシング史に残る大逆転劇の名勝負となりました。
 
序盤からプレッシャーをかけ、常に相手を追い回すコラレスに対し、カスティージョは得意の左フック、接近戦で応戦。常にKOを予感させトーマス・ハーンズを彷彿とさせるプレッシャーをかけるコラレスは強打を狙い時に被弾。迎え撃つカスティージョも集中を切らせば(強打を一度でも受ければ)危険な状態に陥ることを想定していた為、様々な動きを取り入れ攻勢を仕掛けるという目の離せない展開が続きました。パンチを受けた総数では圧倒的にコラレスの方が被弾しており、腫れ上がった顔は片方の瞼がほとんどふさがり、集中的に連打を受ければストップしてもおかしくないという状況を迎えた10Rにドラマは起きました。
 
開始早々、カスティージョの左フックがまともに入りWBO王者はたまらずダウン。
立ち上がったコラレスに再度、コンビネーションから左フックを決めてまたもやダウンを奪う。
 
立ち上がりはしたが、今までの被弾、2度のダウンによりダメージが明白なコラレスに俄然襲い掛かるカスティージョ。
 
誰もがWBC王者の勝利を確信した展開でしたが、その時、腫れ上がった顔でも眼光の鋭さが一切衰えていないコラレスの放ったコンビネーションの右ストレートがカスティージョに直撃。
グラついて下がったカスティージョに連打を打ち込み続けるとレフェリーが間に入ってストップ。
この瞬間、2度のダウンから立ち上がり、逆に相手をKOするという大逆転劇の幕が閉じたのです。
 
会場は興奮の坩堝と化しましたが、この“世紀の10ラウンド”は後に論議を呼び、レフェリーのストップが早かった、コラレスは2度のダウンの際にマウスピースを吐き出して時間を稼いだ、等の論争が起こったため10月8日に再戦が組まれることに。しかし、カスティージョの体重超過によりノンタイトル戦に変更。体重超過のカスティージョが今度はコラレスをKOするという、またしても論議を呼ぶ内容であったため、翌年6月にラバーマッチ(再々戦)が組まれたが、カスティージョが再び体重超過。コラレス陣営は対戦を拒否し、試合の中止により受け取れなかったファイトマネーの支払いを求める訴訟をおこしたという何とも後味の悪い決着(?)となりました。
 
2度のダウンを跳ね返し、そのラウンドに相手を仕留める。劇的ではありませんか。
 
その後、ホエル・カサマヨルとの防衛戦の際に今度はディエゴ・コラレスが体重超過で王座をはく奪。2007年にはバイク事故で29歳という若さでこの世を去りました。
 
後に体重超過をしてしまった両選手ですが、歴史に残る大激戦の時が選手としてのピークであったことは間違いないでしょう。
 
ボクシングの試合を多数見ましたが、あれほど劇的な逆転劇は他に思い当りません。
 

 ←破格の強打者ディエゴ・コラレス 若すぎる死が悔やまれます。     
                        
メキシカンファイター、ホセ・ルイス・カスティージョ→
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]