忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター専門店のブログです。
[1198]  [1197]  [1196]  [1195]  [1194]  [1193]  [1192]  [1191]  [1190]  [1189]  [1188
石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

「石井の夏休み」で皆様ご存じのとおり、小部屋の海外進出がジワジワと始まっております。
そして小俣君が退職しました。

私も久しぶりに台湾奇行の続きをお伝えします。

今回は初台湾ということもあり、食べ歩きだけでなく、しっかりと観光スポットも押さえて参りました。

「故宮博物院」

もうどのガイドブックを見ても必ず載っています。正直、どうかなぁ…という思いでしたが、行ってみるとこれがとても素晴らしい場所でした。



「翠玉白菜」と「肉形石」が有名だそうで、
まず「翠玉白菜」ですが、翡翠の塊から白い部分と緑の部分を見事な彫刻で白菜に仕上げた逸品。
「肉形石」は粘土鉱物を含んだ石の断面に浮き出た層を活かし、豚の角煮に仕上げた逸品。

特に「肉形石」は色、形、大きさ、全て角煮以外の何物でもありません。

だからどうした?と思ってらっしゃるそこのあなた!ぜひ実物をご覧下さい。

そして、読み方が解りませんが「鏤彫象牙雲龍文套球」
12㎝の象牙の球体の表面に龍やらなにやら細かい彫刻が透かしで施されており、さらに中へ中へなんと象牙の玉が24層!そのすべてに細かい透かし彫り。
説明しづらいのですが「24層の丸いマトリョーショカ」のような感じです。

そして、この玉には継ぎ目が無い!という神業。
象牙の塊から掘って掘って掘りまくり、しかもコンマ数ミリの透かし彫りの連続です。
いつまででも眺めていられる逸品。

この他にも多くの展示物があり、とても興味深いもの多数。

思えば今まで私が実際に博物館や美術館で眺めてきた物のほとんどが、アジア圏外の物ばかり(ほとんどヨーロッパ、アメリカ)に偏っていたようです。

同じような方々、意外と多いのではないでしょうか。

そのような方々にはぜひ「故宮博物院」をオススメ致します。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]