忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター/Martin K.Yairi アコースティックギター/ウクレレ 専門店のスタッフブログです。
[1]  [2]  [3]  [4


昨日、後楽園ホールにて「石井の小部屋」で最も応援するボクサー「中川倭」選手の試合が行われました。

肌寒く、雨も降りしきる中、そんな天候を吹き飛ばす勢いで応援に行きました。

後楽園ホールにボクシング観戦に行くこと自体が久しぶりで、会場に入ると、多くの伝説的な試合が行われたボクシングの殿堂であるだけに、とても興奮するのです。

入場時に受けとるパンフレットで確認すると、我らが、中川選手の試合は2試合目。
しかも、相手の澤田選手はアマチュア経験豊富で、アマ時代86戦もしており、スピード、手数はかなりのものではないかと少しだけ心配になりました。
でも、大丈夫!彼の剛腕なら、得意なパンチ(相手の出鼻に合わせる打ち下ろし気味の左ストレート)でダウンを奪ってくれるでしょう!!


2試合目なので、あっという間に入場の時間です。

こちらまで戦うような気持になり、血が沸騰しそうになります。





ゴングが鳴ると、中川選手はいつものように、独自のスタイルで相手と対峙します。

サウスポースタイルで、どちらかというと後ろ足に体重をシフトし、やや低い状態から、右手を前に出し、相手に牽制のジャブを繰り出します。

試合展開としては、アマ出身の澤田選手が、リズムをとり、ジャブからワンツー、または右ストレートから左フックを返すパンチで先手を取り、中川選手が迎え撃つという状況が多く見られました。
時に、中川選手は、相手の踏み込みに対して少し状態を横にずらしながら得意の打ち下ろしでカウンターを試みる、または、いきなりの左ストレートからダッキングしてサイドに動く等、サウスポーの利点を生かした攻撃も見られました。

しかし、相手の右ストレートや右フックを被弾し始めると、中川選手の顔も徐々に腫れ上がって行くのでした。どのラウンドか忘れましたが、踏み込んだお互いの頭が交差し、澤田選手の頭が中川選手の鼻に激突するというシーンがありました。右構えと左構えで良くある光景で恐れていたのですが、これにより中川選手の顔面は鼻血で真っ赤に染まり、
鼻が折れていないかとても心配になりました。

大量の鼻血を見て、相手も勢いづき、より攻勢を仕掛け、主導権は澤田選手が支配する嫌な展開が続きました。中川選手も時折、強いパンチを打ち込むのですが、攻撃が単発になることが多く、左ストレートも読まれておりました。
しかし、迎えた5R、真っ直ぐ伸びた左ストレートが相手の顔面をとらえ、有効打の多さは中川選手が確実に上回っており、このラウンドはポイントをとった筈だと感じました。

インターバルにセコンドに止血してもらいますが、少し動いただけでも鼻血が顔面を染める中、最終ラウンドである6Rが訪れました。

こちらも懸命に声を出し応援を続けます。

血だらけの顔面を見て気持ちが上向きになる澤田選手と、攻撃が単発になりがちな中川選手という展開のまま終了のゴング。ラストは必死に手を出した中川選手でしたが、0-3の判定負けとなりました。

負けに関しては残念でしたが、中川選手が持つ、秘めたるパワーというのは毎度、期待させてくれます。これからも鍛錬してボクシングの幅を広げて行けば良い選手になる素材は多くありますので、我々もとことん応援させていただきます。

これを読んでいる中川選手!
相手が踏み込んできた時に、ショートの左アッパーからショートの右フックを返す練習、
または左アッパーのダブル、ロングでもショートでも単発で終わらず、コンビネーション(四つくらい打ちましょう)で打つ癖を刷り込んで下さい(必ず途中に強いパンチを入れる)。
相手をけん制する右手は、中途半端に打たず、もっとスピードを意識して色々な角度、方法を試して下さい。(相手の目の前で視界を遮る効果のものから、相手の左手を払い落す等)

まずは、試合の疲れを癒して、これからも頑張って下さい!


ガンバレ!中川選手!!










PR
ついに明日となりました、当ブログ「石井の小部屋」にて応援し続けているプロボクサー
中川倭(なかがわやまと)選手の試合が後楽園ホールにて行われます。

我々と中川選手の運命的な出会いはコチラをご覧いただければお解りいただけますが、その出会いから中川選手は2連敗。我々の応援が原因なのでは?と考えたりもしましたが、明日の試合はスッキリ勝利していただきましょう。

彼の強打が、試合を支配し、圧倒的な強さを見せつけて勝利することを祈っております。

11月25日(水)後楽園ホール
午後5時50分 試合開始
6R 中川倭(オサムジム)×澤田京介(JB SPOTRS)
※中川選手の試合は3試合目の予定なので、6時10分くらいまでにお越しください。









石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

一昨日、中川選手の応援へ後楽園ホールに行って参りました。

試合前にご両親にご挨拶。
3週間前に急遽試合が決まり、しかも今回は階級を2つ上げたので、とにかくやってみないことには…とのことでした。

第二試合、選手リングイン。

とここで、中川選手への声援が以前よりも増えています!これは嬉しいかぎり。

体格が以前よりも大きくなった、というより、迫力が増したという雰囲気で、かっこよく引き締まっています。

第1R、興奮であまり記憶がありません…が、劣勢ではなかったと思います。
とにかく、前回のようなトラブルが無いように…とだけ願っていました。悪く見積もっても五分五分の内容だったと思います。

第2R、1R同様、はっきりした記憶がありません。独特の変則的な動き、雰囲気がジワジワと出てきたような...パンチが当たりはじめたかな…

第3R、序盤から確実にパンチが当たりだします。相手が何度かバランスを崩し、かなり攻勢に見えました。いけるぞ!という雰囲気にようやく私も声が出始め…と、ここでまさかのダウン…
前回と同様に瞬間がよく見えませんでした。状況がダブります。
が、今回は立ち上がり、残り時間しっかりとクリンチしながら最悪の事態を回避。

ふぅ…心配で心配でここからまた記憶があやふやです。

第4R、怯むことなく攻めていたと思います。パンチも的確に当たっていました。
第5R、4R同様です。五分五分以上の内容だったと思います。
勝負は判定です。

結果、46-48 46-48 46-49  0-3で判定負けでした。

残念です。

今回は試合後に通路で直接話を伺うことが出来ました。

会った瞬間に負けたことを本当に申さ訳なさそうに謝罪されてしまい、なんとも返す言葉が見つかりませんでした。私たちが勝手に応援して変なプレッシャーをかけている可能性もあります。

私のような素人にもどうでしたか?と聞いてくる謙虚すぎる中川選手に適当な返事も失礼と思い、素人なりの見たままの印象を伝えました。
それについて色々と説明や話をしてもらい、今回の試合の計画や、ダウンしたパンチの事など、すべて納得できました。

終始申し訳なさそうに話していましたが、試合後とは思えないきれいな顔で、次の試合に向けての話、改善したい所や、新たな取り組みの話、等々、前向きな言葉が聞けて良かったです。

夜、テレビ録画で試合を観た石井氏から連絡があり、これまでに無かった動きや、進化、改善された箇所が色々とあったようで、負けはしたものの、動きも良く、悪い内容ではなかった、まだまだ強くなりそうですね、とのこと。

中川選手も敗戦の中にも手ごたえや、新しい可能性を見つけていたのかもしれません。

次戦に期待です。



石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

皆様にお知らせしておりました通り、昨日は石井氏とお客様と共に後楽園ホールへ中川選手の応援に行って参りました。

ご本人に了承も得ず、勝手に石井の小部屋で皆様にご紹介した中川選手。お父様が偶然にその記事を見つけ、ご家族でご来店頂いたのが約1ヶ月前。
そんな劇的な対面後、初の試合が昨日でした。

試合2日前に石井氏が激励の電話をかけた際、私も少し話をさせてもらいましたが、はい!はい!と答える彼は相変わらずの好青年。声も明るく、安心しました。

昨日は18時前に会場に入りました。
入口で待っていてくださったご両親とお話しすることが出来、減量も順調にすすみ、好調な様子であることを聞いてまた一安心。

席について第7試合を待ちました。
しかしながら、全く落ち着かない…
トイレに行ったり、水を飲んだりの繰り返し。他の試合を観ても全く興味がわきません。

石井さん!これ、どっちが優勢ですかね?
どーですかね…内容が全く頭に入ってきませんね…

あぁ…石井氏でさえも…

リングサイドの席に移動し試合を待ちます。

第6試合の最中、通路奥でアップしている中川選手の様子を見に行きました。
薄暗い廊下で動きを確認しているその姿は見ているだけで緊張感が伝わってきます。
少し離れたところで眺めていましたが、表情から充実感が伝わってきます。
合間にこちらに気付くと近づいてきてくれました。

殺気立った雰囲気を漂わせ、とてつもない目力、全身に汗を光らせながら、左の拳をこちらに突き出してくれました。
あまりの迫力と緊張感に月並みな言葉しか出てきませんでしたが「がんばれ!」とだけ言いながら中川選手の拳に私の拳をぶつけると、彼は無言で頷きました。

かっこ良すぎて鳥肌…

座席に戻ると人生初、極度の緊張感で吐き気。

そしていよいよリングイン。
相手選手にかなりの大声援が飛んでいましたので、ここで更に気合が入ります。

ここまで来ると時間が進むのが異常に早まります。
正直このあたりの記憶があまりありません。とにかくゴングが鳴りました。


序盤の様子を見ながらの試合が徐々に進んでいきます。
私たちの声援、石井氏のアドバイスも響き始めた開始1分過ぎ、突如中川選手がダウン…

私の席からは何が起こったのか全く見えませんでした…
が、膝に力が入らない状況から、致命的なパンチを受けたことがすぐにわかりました。
ゆらゆらよろめきながら懸命に立ち上がりましたが、レフリーストップ…

瞬間、膝から崩れ落ちて涙を流す姿は、準備に準備を重ねてようやく迎えた試合で、何も出せないまま終えてしまった無念さが伝わってきました。

時間が止まった、無音になったかのような、呆然とした状態が続きました。
私たち全員、座席を立つ気にもならないくらいの無気力状態。

元の座席に戻っても、状況は変わらず。
最後の試合まで見る気も当然なく、帰ることにしました。

通路の脇でご両親にお会いすることができましたが、なんと言っていいかわからず…

中川選手のことですので、相当な トレーニングを積んできていたと思います。向上させたその技術を披露する前に、相手選手の技術なのか、事故のようなものなのか解りませんが、とにかく試合が終わってしまった。
出し尽くして負けるならまだ納得ですが、それ以前での敗戦。

本当に無念です。

それでも彼はまだ19歳。
デビュー2連敗の後、4連勝中でした。
まだまだこれからの選手です。

今回の敗戦が、さらに強くなるきっかけになれば何よりです。

新人王トーナメントはベスト8で終わりましたが、今後に益々期待します。

次戦の予定が分かり次第、小部屋で告知します。
皆様もぜひ応援してください。

中川選手はこんなものではありません。
石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
早くも楽しみで眠れない栗山です。

中川選手の試合がいよいよ3日後に迫ってきました。

楽しみすぎて石井氏と毎日カウントダウンしています。

31日の試合に勝てばいよいよベスト4です。
何としても勝ち上がれるように、会場での応援で中川選手をサポートしましょう。

場所は後楽園ホール18時~自由席¥3,000です。

石井氏と私と面識のある方には、明日、明後日に応援の勧誘電話があるかも知れませんので、警戒してください…笑

中川選手がビッグになってから参加しよう...などと考えずに、皆様31日は後楽園ホールに集合しましょう。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]