忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター/Martin K.Yairi アコースティックギター/ウクレレ 専門店のスタッフブログです。
[1178]  [1177]  [1176]  [1175]  [1174]  [1173]  [1172]  [1171]  [1170]  [1169]  [1168



昨日、後楽園ホールにて、「石井の小部屋」が応援するボクサー、中川倭の試合が行われました。

 
フェザー級6回戦 中川倭(オサム)×玉川祐大(渡嘉敷)

ご存知の通り、猛暑が続く日本列島は昨日も非常に暑い一日で、水道橋駅から後楽園ホールへ歩くわずかな距離でも汗が滴り落ちるのでした。

今回、「石井の小部屋」の応援団は7人。中川選手の応援もかなりの方が駆けつけており、試合前から異様な雰囲気が会場を包んでおりました。



さて、今回は第3試合目ですから、あっという間に試合開始となりました。



リング上で対峙する二人、相手の玉川選手、やはり好青年です。

始まると中川選手、右ジャブをリズムよく繰り出し、動きながら静かな立ち上がりとなりました。玉川選手は基本に忠実なサウスポーで、ワンツーを軸としたストレート主体の攻撃。実は、この攻撃がとても厄介でした。

1R、我々の印象では中川選手が支配した印象をうけました。続く2Rは、途中で、相手の頭が、中川選手の額にあたり偶然のバッティングが起こりました。これで中川選手、大きく額が腫れあがり、明らかにダメージが伺えました。

しかし、我らが中川選手、腫れあがらせた顔をものともせず、果敢にジャブを繰り出しながらリズムを作っていきます。相手も、腫れあがった顔みて俄然、勢いが増していきました。

中盤以降、額はますます膨れ上がり、ストップされないか心配になりましたが、片目がほぼふさがった状態でも、時に大振りのカウンターをヒットさせ、応援団を沸かせる中川選手。一方、玉川選手は冷静に自分のペースを保ち、ジャブからワンツー、距離が詰まると、フック、クリンチを上手く使いながら、後続打を当てさせない集中を保ち続けておりました。
4R、5Rは玉川選手の有効打が若干、勝った印象のまま終わり、迎えた最終ラウンド、明らかにダメージが深い中川選手でしたが、気力を振り絞り、時に、強いフックを被せたり、動きながらジャブをテンポよく当てたりと攻勢を仕掛けました。

お互いの応援団が大声援をおくる中、試合は終了。



結果は、3-0で判定負けでした。

しかし、判定は、あと1R取っていれば、引き分け以上になったほど僅差でしたので、やはり接戦だったのです。

中川選手を応援して2年が経過しますが、応援を始めてから一番、手に汗握る、一進一退の素晴らしい試合でした。

今回の試合は負けではありましたが、ボクサーとしての成長や、今後の可能性を十分に感じ取ることが出来ましたので、中川選手!これからも自信をもって頑張って下さい。



↑集中して見たいとの事で、一人で観戦する小俣君。隣は彼女のように見えますが、赤の他人です。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]