忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター/Martin K.Yairi アコースティックギター/ウクレレ 専門店のスタッフブログです。
[1130]  [1129]  [1128]  [1127]  [1126]  [1125]  [1124]  [1123]  [1122]  [1121]  [1120
WBAスーパー・WBC・WBOの3団体統一戦として行われた世界戦でしたが、メイウェザーはWBAスーパー・WBCのベルトを保持。パッキャオはWBOのチャンピオンとして挑んだ一戦でしたが、この二人が戦うのであれば、タイトルなど一切関係なし。

私は、判定でメイウェザーの勝ちと予想しました。序盤はパッキャオに仕掛けさせて徐々にタイミングを計り、中盤でダメージを与えて、終盤逃げ切る。そんな展開を予想していたのですが、私の予想は少し外れておりました。

始まると、メイウェザーが、とてつもなく早いジャブ、ワンツーでパッキャオの出鼻を叩き、出来るだけパッキャオを寄せ付けないように攻勢をしかけたのです。
この立ち上がりには驚きましたが、パワーと手数があるパッキャオの出鼻をしっかりと叩いて、主導権を支配するあたり、さすがに百戦錬磨のメイウェザーだと感心しました。

二人が向き合うと、やはり、メイウェザーの方が体も大きく、リーチも長いのですが、出入りのスピードも早く、パッキャオが少し踏み込めば、ジャブで牽制し、サイド、またはバックステップで動きながら当てさせない展開が続きました。しかし、この日の為に、メイウェザー対策をしっかりと練習してきたパッキャオも果敢に攻め込むのです。

パッキャオはスピードのある左ストレートから、右ジャブ、追いかけるように踏み込んでの左フックで距離を詰める、または、コンビネーションにボディ打ちも織り交ぜた、躍動感あふれる攻撃で、前に、前にと仕掛けます。迎えた4R序盤では最大の見せ場が訪れました。メイウェザーがパンチを放ち、上体が前方に残り、体が開いているその瞬間にパッキャオの左ストレートが真っ直ぐヒット。バランスを崩し、ロープ際に後退したメイウェザーに対し、怒涛の猛ラッシュ。場内、地響きのような歓声がおこりましたが、メイウェザーはロープに詰まりながらも堅くガードし、そのラウンドをやり過ごしました。

当然、次のラウンドもパッキャオは仕掛けますが、メイウェザーは何事も無かったかの様に、しっかりと距離を測り、出鼻を叩いてはポジション移動を繰り返し、パッキャオサイドからすると、フラストレーションの溜まる展開が続きました。


続く。

※すみません、もう少し続いてしまいます・・・
明日は違う話題にしますね。





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]