忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター/Martin K.Yairi アコースティックギター/ウクレレ 専門店のスタッフブログです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
以前のブログで(といっても、随分昔ですが)ボクシング用品である、バンテージ、ノーファウルカップ等についてご説明をさせていただきましたが、今回はマウスピースについてお送りさせていただきます。

皆様、マウスピースはご存知でしょうか?

マウスピースと言っても、医療用であったり、管楽器等で使用する楽器用であったりと、色々なものがあるようですが、私が説明したいのは、もちろんボクシングで使用するマウスピースの事です。

何故、このような物を口に入れるかといいますと、パンチによる衝撃等で舌を噛むのを防ぐためです。

噛んでいると、歯の先端をカバーしているわけですから、うっかり舌を噛むことはありませんが、口をしっかりと閉じていなければいけないため、鼻だけで呼吸しなければいけないのです。
よって、ボディを打たれて、苦しくなると鼻だけの呼吸では追いつかなくなるため、口をパクパク開けてしまうわけです。

さて、あまり馴染みのないボクシング用のマウスピースですが、実は、自分の口に合わせてうまく作らなければいけないのですが、これが中々曲者なのです。


ウィニング社製 F-3↑

私が、購入したマウスピースは、ボクシングにおいて最もポピュラーなウィニング社製のF-3というものでしたが、これは合成樹脂で作られており、価格はその当時1500円くらい。
取扱い説明書を読むと
“85度くらいのお湯に付けて柔らかくしたあと、口に入れて、型を取って下さい”
みたいな説明書きがあったような気がします。

そこで、はやる気持ちを抑えつつ、お湯を沸かします。

ふと気が付いたのですが、85度ってどのくらいなんだろう・・・
と、しばらく考えてしまいました。そりゃ、そうです!熱湯を測る水温計など、ほとんどの家庭には置いてないでしょう・・・
とりあえず、せっかちな私は、お湯を沸騰させてから、その中にマウスピースを放り込み、少しだけ箸でかき混ぜてから取り出し、マウスピースをほんのちょっと振って熱を逃がしました。これで自分の中では、85度くらいに付けたのと同等の処置であると思いこみ、すぐに口に入れてしっかりと噛みました。

その、熱い事といったら・・・オゴ、とか、ウゴェ、とか声にならない叫びを上げながら、台所でのた打ち回りながら(←ホントです)鼻の下あたりを手で押し付けて必死に型を取りました。(失敗は許されないと勝手に思い込んでいるため)

熱さで意識が朦朧としながら、マウスピースを取り出すと、おぉ!しっかりと型がとれているではありませんか。
熱々のマウスピースを口に入れた日は、その後、しばらくしゃべる気力がないほど熱さで苦しんでおりましたが、85度なんか解る訳ないだろ・・・と行き場のない怒りが込み上げてきました。

マウスピースの余った部分は、後日、やすりで削り、サウンドペーパーなどで、綺麗に研磨して出来上がりです。

後日、ジムの友人T氏にその話をすると、やはり、適正な温度が解らず、熱々のマウスピースを口にくわえて口の皮がベロリと剥け血だらけになり、病院にも行ったそうです。

上には上がいるのですね。

先日、十数年ぶりに自分のマウスピースはどうなっているのかと探してみたら、屋根裏の物置部屋にあり、よく見るとカビが発生しておりました。











PR
年が明けて、早いもので、10日が経過致しました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?私は例によって正月休みの影響で2キロ太りました。
これから地道に元の体重に戻そうと思います。
実は、寒い冬の方が体重を減らせるそうです。寒さに対して脂肪を燃焼させる事が要因ですが、かといって薄着すると寒いので、やはり、体重を減らすには炭水化物を減らし、運動をすることです。

さて、年末にボクシング世界戦を皆様にお薦めしておきながら、全く触れていなかったので、本日は、印象に残った試合の感想を簡単に述べさせていただきます。

というか、八重樫のKO負けはちょっとおどろきましたが、それ以外は、ほぼ予想通りでした。

ボクシングファンとして、声を大にして言わせていただきたいのが、井上尚哉の凄さです!

この強さは、間違いなく、日本のボクシング史だけでは無く、世界的に見ても傑出していると断言できます。
試合を観て、オマール・ナルバエスは情報にあるほどの選手では無い・・・
と感じた方も多かったのではないでしょうか。
そんな事はありません!
ナルバエスの試合を数多く観てきましたが、ガードが堅く、スタミナが豊富で、ここだという時の連打も素晴らしい選手で、あれだけの試合をこなしながら一度もダウン経験が無かった名チャンピオンなのです。

その偉大なチャンピオンを完全に粉砕した序盤の右ストレート、体のバランス、拳が当たるときの絶妙なインパクト、どれをとっても非常に高いレベルで、わずか8戦目にしてこの強さというのは、とにかく感動しました。

現在のスーパースター、フロイド・メイウェザーが、まだ(挑戦するには)早いと言われながらも名チャンピオンであるヘナロ・エルナンデスをKOし、チャンピオンになった名勝負、マニー・パッキャオがタイソンの前座で登場し、無名の東洋人が世界中のファンを魅了した試合、ノニト・ドネアが当時の絶対王者ビッグ・ダルチニャンを失神KOさせた試合などを思い出しました。

何が言いたいかといいますと、後に世界のボクシングを牽引するような、超新星が誕生した瞬間と、まったく同じ様な雰囲気があると言いたいのです!

体中にみなぎるパワーから放たれるパンチはこのクラスなら誰でも倒せるでしょう!

早く海外進出し、世界中の強豪チャンピオンと拳を交え、その名前を広めて欲しいものです。

冗談抜きで凄い選手なので、皆様も、井上尚哉の次戦にご注目下さい。

今年は、3戦くらいやりたいと言っているようです。






石井の小部屋をご覧の皆様、新年おめでとうございます。
本日仕事はじめの栗山です。

連日の悪天候で恒例の凧あげができず、食べて寝て食べて寝ての正月を過ごして参りました。
今日から減量です。

それにしても年末のボクシング、連日熱戦続きで見ごたえがありました。

録画を再度じっくりと観戦しようと思いますが、素人目に見ても井上選手の強さ、際立っていました。コンクリートの壁をもぶっ壊せそうなパンチ。
試合終了後に相手のセコンドがグローブの中に異物が入っていないか確認しに来るほど…

そして石井氏から度々話を聞いていたリゴンドー。
ダウンを喫したものの、やはり強かったです。
特に後半、スイッチが入ったかのようでした。動きの一つ一つが的確。
今後も日本での試合を希望しているのだとか…是非とも見に行ってみたい選手。
天笠選手の根性も感動ものでした。

今年は世界戦を観に行くことに決めました。

内山 vs 三浦とか、行きたいですね...
ダイナマイト vs ボンバー 観てみたいです。
当店の年末年始の営業は以下の通りです。

12/31 11時-18時
1/1 終日休業
1/2 11時-18時
1/3 11時-19時
1/4~ 通常営業 11時-20時

よって、年内休まず営業、明日は短縮営業ですが、私は本日で仕事納めとなります。

明日の大晦日、1月1日と2連休なので、年末とお正月を満喫したいと思います。

先日のブログでもご紹介させていただきましたが、年末といえば、やはりボクシングです!
本日より以下の試合が行われます。簡単に展望を述べさせていただきます。


12月30日(火)東京体育館 フジテレビ系列

ミドル級10回戦
村田諒太×ジェシー・ニックロウ
世界を見据えた村田の真価が問われる一戦です。

WBC世界ライトフライ級王座決定戦12回戦
八重樫東×ペドロ・ゲバラ
八重樫は、ローマン・ゴンサレス戦が明けて再起戦がいきなりのタイトルマッチ。
階級をひとつ下げるという異例の3階級制覇に期待がかかります。

WBC世界ライト級王座決定戦12回戦
ホルヘ・リナレス×ハビエル・プリエト
日本を拠点に活躍する、ベネズエラのゴールデンボーイ、ホルヘ・リナレスが3階級制覇に挑みます。多彩なコンビネーション、ボクシングセンスは世界でもトップクラスで、見なければ損します。

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦
オマール・ナルバエス×井上尚哉
ボクシング界の宝、日本が誇る怪物、井上が階級を飛び越え、アルゼンチンのベテランチャンピオン、オマール・ナルバエスに挑戦します。
チャンピオンのナルバエスは、10年ほど前から、WOWOWのエキサイトマッチで、幾度となく防衛戦を見ておりましたが、堅いガード、豊富なスタミナ、駆け引きのうまさが特徴の強豪です。長いキャリアでも、敗戦はドネア戦一つだけ。このチャンピオンを圧倒してこそ、真のスターといえるでしょう。

12月31日(水)大阪・ボディメーカーコロシアム TBS系列

WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦
ギジェルモ・リゴンドー×天笠尚
シドニー、アテネにて、オリンピックを2連覇。世界選手権も2度の金メダル獲得。プロ7戦目にして世界王座を獲得した絶対的なチャンピオンであるリゴンドーに日本の天笠が挑みます。天笠曰く、99%勝てないと思っているが、油断してくれれば1%がチャンスになるとの事。確かに勝率は1%くらいかもしれませんが、ボクシングはやってみなければ解りません。リゴンドーの神業に、一矢報いて欲しいと思います。

IBF・WBO世界ミニマム級王座決定戦12回戦
高山勝成×大平剛
WBC,WBA,IBFの3団体で世界王座を獲得している不屈の男、高山に、大平が挑む日本人同士の世界戦です。高山は勝利すれば4団体全てで王座を獲得するという偉業を成し遂げる事になります。運動量豊富で幾多の試練を乗り越えてきた高山が優勢だと思いますが、良い試合を期待したいです。

12月31日(水)東京・大田区総合体育館 テレビ東京系列

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦
アルベルト・ロセル×田口良一
井上との一戦で名前を挙げた田口が初の世界タイトルに挑みます。負けん気の強さ、豊富な手数でチャンピオンを圧倒して欲しいです。この日、渡辺ジムの先陣を切って登場する予定。

WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦
河野公平×ノルベルト・ヒメネス
年齢を重ねるごとに進化した河野の初防衛戦。終始、手を出し続ける驚異のスタミナを誇るチャンピオン河野のKO勝ちに期待しましょう。

WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦
内山高志×イスラエル・ペレス
年末の大トリといえば、この人でしょう!KOダイナマイトの異名を持つチャンピオン内山は9度目の防衛戦。派手に倒す剛腕に目が行きますが、この人の魅力は、左中心の知的なボクシングではないでしょうか。ジャブでリズムをつくり、理詰めに相手を弱らせるのです。最後には、強いパンチでしとめますが、チャンピオンの左にご注目下さい。


明日31日に大阪で行われる試合には、井岡一翔選手も登場。世界戦の前哨戦として、負けられない試合となるでしょう。

とにかく、凄い試合ばかりなので、皆様もお楽しみ下さい。
私も全て録画して、小出しに見ようと思います。

では、一日早いですが、皆様、良いお年を!







年末になりました。

年末といえば、ボクシング世界戦の中継です。

ここ数年、年末のボクシング中継は定番となりましたが、今回、世界戦の数、放映の枠などを含めて,過去最高の多さで行われるのではないでしょうか。

以下が、30日より行われるカードです。

12月30日(火)東京体育館 フジテレビ系列
WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦
オマール・ナルバエス×井上尚哉

WBC世界ライトフライ級王座決定戦12回戦
八重樫東×ペドロ・ゲバラ

WBC世界ライト級王座決定戦12回戦
ホルヘ・リナレス×ハビエル・プリエト

12月31日(水)大阪・ボディメーカーコロシアム TBS系列
WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦
ギジェルモ・リゴンドー×天笠尚

IBF世界ミニマム級王座決定戦12回戦
高山勝成×大平剛

12月31日(水)東京・大田区総合体育館 テレビ東京系列
WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦
内山高志×イスラエル・ペレス

WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦
河野公平×ノルベルト・ヒメネス

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦
アルベルト・ロセル×田口良一

どうですか!
二日間にわたる、しつこいくらいの世界戦!
どの試合も見どころたっぷりで、展望は後日お送りいたしますが、12月31日、大阪に登場するWBO世界スーパーバンタム級のチャンピオンであるギジェルモ・リゴンドーにご注目下さい。
オリンピックを2連覇し、プロ転向後、わずか7戦目で世界王座を獲得。
その、高い技術は、驚愕の一言に尽きます。
この選手がその気になれば1発も当てさせずに勝つことが出来るのではないでしょうか。
こんなすごい選手が来日するなんて楽しみです。

年末の二日間!是非、お楽しみ下さい!





カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]