忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター専門店のブログです。
[292]  [291]  [290]  [289]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281
今日もボクシングネタをお送りしたいと思います。

ボクシングという競技において最もKO率の高いパンチは、はたしてどんなパンチなのか?

オーソドックス(右利き)の選手で考えていきますが、最もKO率の高いパンチと聞かれて、皆様がパッと思い浮かべるのは、“右利きなんだから利き腕をまっすぐ伸ばした右ストレートに決まってる”と考える方が圧倒的に多いのではないでしょうか?

実は、右ストレートではありません。

答えは「左フック」です!

えっ!どうして?と思うでしょう・・ 文章だけでお伝えするのが難しいので、イラスト入りでご説明します。 通常の構えから、単に左フックを打っても、体重の載っていない手打ちのパンチになります。

←左肩が前にある状態から打つフック。
                けん制にはなるが、KOするパンチでは無い。


右ストレートを放った時、両肩の位置関係は、右が若干前に来ておりますが、右腕を引くと同時に体を回転させて左フックを打つ事により、回転による遠心力が加わり、大ダメージを与えられるパンチを生み出すのです。

要するに、右手伸ばしている時(体の右半身が前に出ている状態)がタメを作っている状態と言えます。 そもそも、パンチは体のバランスが大きく影響しますが、体の中心に一本の杭を打ち込んで、その中心がぶれないように左右の連打により回転力を生み出していくのです。


  ←右ストレートを放った状態。右肩が前へ。
                ストレートが良い距離で当たる程引く力も加わる。   

 ←右手を引き回転力を生み出している途中。

  ←引く力と打ち抜く力が回転力を生み出し、スピード、パワーが増大する。


皆様は「ベストキッド」という映画をご記憶ですか?近年のジャッキーチェンのやつではなく、元祖の方です。あの映画にミヤギというおじさんが出てきて主人公の青年に空手を教えますが、その時に、でんでん太鼓を使ってアドバイスしたシーンがありました。あれです!でんでん太鼓を回すと、中心を軸に左右の部分が交互に太鼓を叩きますね。





あの回転力が重要なのです。もちろん、ミヤギさんが伝えたかった事と、私のお伝えしたいボクシングのパンチに関する理屈では違うのですが、体の中心をしっかりと固定し、左右の連打による回転力の参考になったのではないでしょうか。

左を制する者は世界を制す!

ボクシングの格言にありますが、左の意味はジャブだけではなくKOを量産する左フックにもあるのです。

ちなみに、以下のYou Tube動画で、左フックのお手本といえる名選手のパンチが見れます。1分38秒辺りのフックなんて早すぎて解りにくいかもしれませんが、一瞬でタメを作って、振りぬく左フック!見事です。
フェリックス・トリニダードの素晴らしいフックをご覧下さい↓
http://www.youtube.com/watch?v=S7C2kQ-T7JM

以上です。


ボクシングネタになるとつい熱くなってしまう石井がお送りしました。






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]