忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター/Martin K.Yairi アコースティックギター/ウクレレ 専門店のスタッフブログです。
[670]  [669]  [668]  [666]  [665]  [663]  [661]  [660]  [659]  [658]  [657


再起したオ・マ・タくん↑

昨日は、オマタ君が復帰しました。嬉しい限りです。彼は人気者であるため、石井の小部屋愛読者であるお客様から「オマタ君大丈夫ですか?」とか「オマタさんの復帰はいつですか?」と、多くのありがたいお言葉をいただきました。皆様ご安心ください!オマタ君は元気に復帰して、少しずつ仕事を思い出しております。肺気胸は再発の可能性がある病気らしいのですが、今回が最後である事を祈りたいと思います。

さて、オマタ君にプロボクサーを目指してもらう企画が頓挫してしまった今日この頃ですが、久しぶりにボクシングネタをお送りさせて頂きます。

昨年、後楽園ホールへボクシング観戦に何度か行きましたが、その際に感じたやり場のない気持ちをここで述べさせていただきます。

その、やり場のない気持ちとは・・・

あまりにもKOが少ない!という事なのです。

昨年見た試合はどれもメインイベントにタイトルマッチが行われる興行ではなく、4回戦、6回戦の試合が数試合行われたものでした。後楽園ホールで行われるボクシングの興行は夕方の5時50分くらいから始まり、内容によりますが、9時くらいに終わるのです(夏なんて巨人戦を観たお客さんと帰りが一緒になるので大変です・・・)

おおよそ、3時間ほど観戦してほとんどの試合にダウンが無いとだんだん退屈になってくるのです。もちろん、ダウンが無くても防御技術、試合における駆け引きなど、ボクシングの見どころは他にもあるのですが、ここまでダウンが無いとは・・・と少し、しらけ気味で会場を後にしました。

なぜ、ダウンシーンが生まれにくいのか?

要因は、多くの選手が“強いパンチを打たなかったため”です。

もちろん、パンチは強弱をつけなければなりません。全部、強いパンチで打てばスピードは鈍るし疲れます。国際的マッチメーカーのジョー・小泉氏がボクシング解説の際、“日本の選手はもっと強いパンチを当てる練習をしなければ駄目だ”とよく仰っているのですが、まさにその通りです。
パンチをコンビネーションで繰り出す練習はよくやっているが、その合間に体ごとねじ込むような強いパンチを打つ練習をしていくのが良いのです。

例えば、ワン・ツー・スリー・フォーというコンビネーションを引き合いに出すとしましょう。これは左ジャブ、右ストレート、左フック、右(ショート気味の)ストレートのコンビネーションですが、最後の右ストレートを、自身の肩口からねじ込むように相手の顎の先端に打ち下ろすように強く打つ癖をつけるのです。

試合を観ていると、まるで練習風景のミット打ちを見ているかのような、スピード重視だけの、相手にまったくダメージを与えないパンチが多く、これではKO決着は無いな・・・と感じさせるものばかりでした。

たまたま昨年見た興行に、こういう選手が多数出場しただけかもしれませんが、ボクシングにおけるダウンは、野球に例えればホームラン、サッカーならゴールに値するわけですから、お金を払って観戦している我々はもう少しそんなシーンが見たいのです。

相手との相性、本番の緊張感などもありますから、一概に強いパンチを当てられない=面白くない選手というわけではありません。しかし、なりふり構わず体ごと強いパンチをねじ込むような選手を見たいので、選手の皆様頑張って下さい!

今年も後楽園ホールへ足を運ぼうと思います。











PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]