忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター/Martin K.Yairi アコースティックギター/ウクレレ 専門店のスタッフブログです。
[1148]  [1147]  [1146]  [1145]  [1144]  [1143]  [1142]  [1141]  [1140]  [1139]  [1138
石井の小部屋ご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

牛、闘牛士、楽団、観客の一体感はこれまでに体験したことのない感覚でした。

ポサダ氏の15分間の闘牛はあっという間に最後の突き(エストカダ)を迎えます。

剣を受けとり、何度か牛を捌くと楽団の演奏が止まります。
「シーッ!」という観客の声とともに場内は一瞬で静まり返ります。

牛の正面に立ち剣を構えます。

時間が止まったかのような雰囲気の中、一瞬で牛に剣を刺し込みます。
肩甲骨と肩甲骨の間、5センチくらいの柔らかい部分を突くようで、
刀を鞘に納めるかのように、剣がスッと牛の体の中に消えました。

大歓声が上がります。

牛は自ら膝を曲げ、その場に座ります。
助手が短刀か何か(よく見えませんでした)で急所を突き牛は死にます。
闘牛士は最後まで牛の正面に立ちそれを見届けます。

ポサダ氏の闘牛ではその瞬間に観客から無数の白いハンカチが振られ、素晴らしい闘牛を行った証として牛の耳が渡されました。

死んだ牛は3頭の馬に引かれて退場します。
槍で突かれ、銛を打たれながらも最後まで走り続けた牛を、観客は総立ちの拍手で送り出します。

この、牛退場、の際に送られた一際大きな拍手の音はとても印象に残りました。

その後、耳を受け取ったポサダ氏は楽団の賑やかな演奏が流れる中、耳を掲げながら場内を一周し、観客の声援に応えます。

以上が闘牛1回の流れです。

耳の授与について隣のおじいさんはとても感動しており、次は闘牛士が廻ってここまで来るからそうしたら拍手して…と興奮気味に解説してくれました。
よい場面を観ることができ幸運でした。

中には何度も角に突き上げられ、ズボンを破られ、地元ファンから野次られ続けながらもド根性で最後までやり遂げた闘牛士もおり、合計6回の闘牛それぞれに見どころ満載で終了しました。

私はこの日登場した3名の闘牛士、隣に座ったおじいさんの解説、地元の人々の闘牛愛、観客も一体になって全員で作り出す闘牛の雰囲気が衝撃的すぎて、滞在中にもう一度観に行こうと決めました。

旅行最終日にスペイン最大級の闘牛場、マドリッドのラス ベンタスへ行くことにしました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]