忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター専門店のブログです。
[323]  [322]  [321]  [320]  [319]  [318]  [317]  [316]  [315]  [313]  [312


石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
開幕の大分戦が待ちきれない栗山です。

今日は久しぶりにスペイン奇行をお届けいたします。

というわけで、発見翌日の月曜日の朝、アントニオ・マリン工房へ突撃しました。

○○氏に「私と友達だと伝えれば、大丈夫だから」と大変ありがたいお言葉を頂いておりましたので、その言葉を信じての訪問。

少しだけ開いた扉をノックし、もう少し開けて隙間に顔を差し込んだところ、いきなりアントニオ・マリン氏が作業していたので一瞬固まりましたが、とにかく挨拶をしてみたところ、ニコニコ手招きして工房の中へ入れていただくことができました。

さすがに挨拶は片言ではまずいと思い、前日の夜、ミゲルに確認メールを飛ばした甲斐がありました。

その後は緊張しまくりの片言会話でしたが、私が質問したことがきっかけで、ホセ・マリン氏が棚のファイルやら紙袋をゴソゴソ探り始め、アントニオ・マリン氏も加勢。しかし探し物が見つからず、明日も来られるか?とのことで、喜んで翌日も訪問することに...

翌日は古い資料や書籍等を色々と見せていただきました。
会話がなんちゃっての私にもわかり易いように、図や写真が満載の物を用意してくださったのかもしれません。
かなりボロボロの現代ギター誌もありました。

んが、やはり言葉の壁です…
質問はできても、答えを十分に理解できないという…なんとなく解りますが、所詮なんとなくです。

もっとスペイン語を勉強しなくては…と、この時は強く思いました。この時は、です。

しかしながら、どこの馬の骨か判らない初対面の人間をニコニコと工房に招き入れ、片言の質問に答える為に資料を探し、翌日用意してくれる巨匠はおそらく他にはいないと思います。

マリン工房周辺で製作している作家の数の多さ、多国籍さは間違いなくアントニオ・マリン氏の人柄のせいでしょう。

スペイン奇行で一番の感動でした。

←プレゼントしたけん玉を楽しむアントニオ・マリン

次回は二番目の感動、アルハンブラ宮殿をご紹介します




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]