忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター/Martin K.Yairi アコースティックギター/ウクレレ 専門店のスタッフブログです。
[241]  [240]  [239]  [238]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231]  [229
石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
ユナイテッドシネマとしまえんに通っている栗山です。 
 
最後の直線、皆様の見解はいかがでしたでしょうか。
 
ジェンティルドンナが確かにオルフェーヴルに接触し、オルフェ氏が一瞬浮き上がるようによろめきました。岩田騎手の乗り方が強引だ!ラフだ!との意見が多いようですが、オルフェ氏が先に若干斜行して、ジェンティルさんの進路を塞ぎかけたようにも見えますし…
 
私、そんなに詳しくないので審判の判断基準もよく解りませんが、難しい状況だったようですね…岩田騎手も申し訳なさそうなコメントを残しておりました。
 
本当に強い馬2頭の一騎打ちだっただけに、すっきりと決まらなかったのは残念な感じもします。
 
そういえば、つい先日のマイルCSの時にご紹介したオグリvsバンブーのレース。
このレースも強い馬2頭の競馬史に残る一騎打ちでした。
 
最終コーナーの残り400m。武豊騎手が馬群の外側に出したバンブーメモリーは明らかに良い進路を確保しており、オグリキャップは内側で窮屈な状態。
それでも残り300mの地点でオグリ氏も内側の更に内側に進路を確保。しかし、バンブー氏はすでにトップスピードでオグリ氏を引き離し、素晴らしく伸びていました。
 
残り200m。バンブー氏は十分なリードを保ったままスピードを維持。この時点で内側に進路を取り、オグリ氏の道を塞ぐこともできたと思います。進路妨害にならないくらいリードしていながら、武騎手はそれをしませんでした。
後に「内に入れて進路を阻むことも可能だったが、勝負をしたかった」とのコメントがあります。
 
内側に道を開けたまま残り100m。
その1頭分のスペースを使ってオグリキャップが猛追。
 
加速の合図程度にしか鞭を使わず黙々と馬を追う武騎手と、力の限りで鞭を連打しながら気迫で追い続ける南井騎手。
この対照的な騎乗スタイルも印象的です。
 
そして2頭が並んだ地点がゴール。
写真判定の末、鼻差でオグリキャップが1着。
で、南井騎手大号泣の勝利インタビュー。
 
昨日の2頭が次に対戦する時には、こんなかっこ良いレースを観てみたいと思っております。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]