忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター専門店のブログです。
[751]  [750]  [748]  [747]  [746]  [745]  [744]  [743]  [741]  [740]  [739

 


以前、このブログで取り上げ映画「ハリケーン」のモデルとなったルービン・カーターが亡くなりました。

ルービン・カーターは、軍隊に入隊後ボクシングを始め、ライト・ウェルター級で欧州王者になる程の実力者でした。そもそも、少年院を脱走して軍隊に入ったという事ですが、除隊後に故郷で捕まり、残りの刑期を少年院で過し、その後、本格的にプロボクサーの道を歩み始めたそうです。強打で有名になり、豪快に相手をなぎ倒すパンチから“ハリケーン”の異名を持つようになります。

しかし、1966年3人の白人を射殺した疑いで逮捕されました。凶器も発見されず、陪審員がすべて白人であったという、カーターにとって不利な状況だらけの裁判により終身刑が下されました。

1974年には、カーターが自伝を出版し冤罪を訴えたにより、著名人まで巻き込んだ市民デモが起こるほどの大騒ぎとなりました。1976年発売、ボブ・ディランのアルバム「欲望」に収録された「ハリケーン」はカーターの無実を訴えた有名な歌です。

その後、事件当時の証人が偽証を告白し再審が行われましたが、証言がまたしても変更されカーターは終身刑のままでした。

その後、カーターの支援者たちが、検察側が、カーターに有利な証拠を隠ぺいしていたことを発見。これにより1988年、逮捕から22年の時を経てようやく自由の身となったのです。

詳しくは、映画をご覧いただければ解りますが、プロボクサーとして選手生活を続けていれば世界王者になる可能性のあった有能な選手が、人種差別により収監されていたとは悲しいものです。映画では、名優デンゼル・ワシントンがカーターを熱演しておりますので、一度ご覧下さい。

ボクサーで冤罪といえば、日本でも先日大きく話題になった袴田さんですが、二人とも後にWBC(世界ボクシング評議会)より名誉王者のベルトを授与されております。

名ボクサー、ハリケーン・カーター氏のご冥福をお祈りします。







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 26 27 28 29
30
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]