忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター/Martin K.Yairi アコースティックギター/ウクレレ 専門店のスタッフブログです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

昨日は味の素スタジアムで対新潟戦を観戦して参りました。
3-1で快勝したこの試合で、注目の選手が遂にJリーグデビューしました。

新助っ人フランシスコ・サンダサ選手です。

何がそんなに期待なのか?
それはサンダサ選手がJリーグでは珍しいスペイン出身の選手だからです!

トレド ↓



出身のサンダサ選手は、昨シーズンスペインリーグ2部のジローナ ↓



で16得点の活躍!
武藤選手の抜けた穴を埋めるべく6月から東京に加入してくれたのです。

観客の期待感満載の喝采を受けながら後半25分、遂に初出場!

ボールを持つたびに場内は大歓声。
とてもよく周りが見える選手のようで、簡単にはたいたり、自分でドリブルしたり、判断の速さが素晴らしく、ライン際や密集地での粘りも泥臭くてナイス。足元の上手さはさすがスペイン仕込み。ひょろりとした高身長ながらかなりスピードもあります。
懐の深いワントラップで相手DFをあっさりかわし、そのままシュートを打つ場面ではゴールを確信しました。※なぜかシュートがコロコロでキーパーに楽勝でキャッチされましたが…

あとは前線からのディフェンスがどうか…ということになります。
とにかく今の東京のFWは攻撃以外の仕事で体力が必要になります。
石川選手、前田選手、共に30代のFWですが試合開始から縦横無尽に走り回っております。

ここがとても重要です。

試合終了後の歓声に一人だけ手拍子でノリノリだった姿も印象的。

サンちゃんがスターティングメンバーに選ばれるよう、近々小平グランドに激励に行こうと思います。
PR
石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

皆様、今朝はワールドカップの決勝、観戦されましたか?

アメリカがとてつもなく強かった...

準決勝のアメリカvsドイツをたまたま観ていたのですが、その時点でどちらが上がってきても強すぎる印象でしたが、ここまでとは…

先制されたコーナーキックは完璧にやられたのでしょうがないとして、他はミスをことごとく突かれて失点を重ねたので、正直痛々しかったです。

0-4になった時点でいよいよ観ているのが辛くなり、放送を流しつつ将棋の勉強を始めました。

が、しかし、5試合連続で無失点を続けていたアメリカから完璧なゴールを決めてから、もしや…という雰囲気が出てきました。

将棋を一旦中断し観戦する態勢を再度整え、ハーフタイムにはトイレに行き準備万端で後半開始。

すると早々にセットプレーから加点で2‐4!
前回大会の奇跡がよぎります。

行けそう!

と思った直後に失点。
この5点目はかなりズッシリ感ありました…

2-4に迫った時点でアメリカがリードを守るべく若干守備的になり、そこを日本がボールキープしながらいかに攻めるか…と思っていたのですが、2分で追加点です。

強すぎます。

それでもワンサイドの展開から、一瞬でしたが夢を見させてもらえました。

4年後のリベンジに期待しましょう!
明日、7月5日、日本時間8時より、サッカー女子ワールドカップの決勝が行われます。

我らが、日本代表(なでしこジャパン)とアメリカ代表にて行われるのですが、オリンピックも含めた国際大会の決勝では、日本×アメリカが3大会連続にて対戦することとなるようです。
アメリカの身体能力を活かした、攻撃、守備は手強く、日本は厳しい試合が予想されます。

ここまでの通算成績は、1勝6分け23敗と、あまりにも実力の差があるような印象を受けますが、勝負はやってみないと解りません。

日本が得意とする早いパス回しで相手をかく乱し、立ち上がりから強気のサッカーを見せてほしいと思います。

今大会キャプテン務める宮間選手の集中力、とても感動しました。準決勝イングランド戦で見せたPK時の強心臓ぶり、まさにキャプテンといえる集中力でしたね。

圧倒的不利を覆して勝利するなでしこジャパンを夢見て、明日のキックオフを待ちたいと思います。
















  石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

今日はJリーグネタです。

Jリーグが今年から2ステージ制になり、とりあえず第1ステージが終了しました。

優勝は浦和、東京は2位です。

来週から第2ステージが始まり、ステージ優勝を目指しつつ、年間勝ち点1位を狙います。

というのも、第1ステージ優勝チーム、第2ステージ優勝チーム、年間勝ち点2位チーム、年間勝ち点3位チームの合計4チームでトーナメントを行い、その勝者と年間勝ち点1位のチームが優勝決定戦を行い、勝った方がリーグ優勝ということですので、年間勝ち点1位チームは優勝に向けて少しだけ優遇されるからです。

説明している方もイマイチ意味が解っていませんが…

とりあえず第1ステージ全敗しても優勝のチャンスがあり、第1ステージ第2ステージを全勝しても最後の決定戦で負けると2位になるというどうしようもないシステムです。

昨年までであれば、折り返し地点で2位という状況なら優勝争いへ向けて気合も入ったと思いますが、今年は状況が分かりにくく正直、気持ちの盛り上がりに欠けております。

ところがところが、そんな私の気持ちとはうらはらに、今シーズンの東京の観客動員数はうなぎ上りです。平均来場者3万人を超えています。素晴らしい。



森重、太田、権田、武藤の代表選手、とりわけ武藤選手の人気の凄さには驚きです。
カメラのフラッシュの浴び具合がまさにスーパースター。

そんなスター武藤選手がドイツへ移籍するという事ですので、第2ステージからは以前のような平和な飛田給駅、味の素スタジアムの雰囲気が帰って来てしまうと思います。

皆様、FC東京は武藤選手の他にも一流選手を揃えてシーズンを戦っております。

ぜひ味の素スタジアムまでお越しくださいませ。
石井の小部屋ご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

昨日は5月2日に行われる東京vs川崎戦の偵察も兼ねて、等々力競技場へ川崎vs柏の試合を観に行ってきました。

まず、改築を終えたばかりのメインスタンドが素晴らしかったです。
2階から観戦しましたが、座席の前後左右の間隔にゆとりがあり、屋根付きで快適。
多くのサッカー場は座席とコンコースが壁で分断されているのですが、この競技場はその壁が無く、とてもオープンな雰囲気で、通路を歩いていてもピッチが見えるようになっており、聞こえてくる歓声も天井に反響して臨場感があります。

ゴールデンウィーク、天気も良好で好チーム同士の対戦、しかも大久保選手のカズダンスの期待もあり、スタジアムはほぼ満員でした。

応援しているチームの試合ではありませんので、勝ち負けは関係なく、とにかくサッカー観戦を楽しむことが出来ました。

川崎に先制されてから、同点、逆転、ダメ押し、トドメ、と加点して盛り上がる柏サポーターの強烈な熱気も良かったです。

1-4と柏の圧勝でしたが、前半途中までレナト選手の個人技、中村選手の裏スペースへのパスが立て続けに好機を作っていました。あの時間帯に先制していればまた違った結果になっていたかもしれません。
やはりこの2人は要注意。

連戦で選手の疲労がかなり蓄積していますので、
先制することができればかなり有利に進められると思いますが、先制されると前線から走り回ってボールを取りに行く必要が出てきますので、体力の消耗はもちろんカウンターで更にやられる可能性が出てきます。
昨日の柏のようにすぐさま追いつくことができれば問題なしですが…

10日の鹿島戦までほとんど中3日の日程で7連戦。
現在3位ですが、リーグ終盤に優勝争いできる順位で連戦を終えてほしいです。

とりあえず、等々力競技場はとても良いスタジアムでした。
ぜひJリーグ観戦に行ってみてください。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]