忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター/Martin K.Yairi アコースティックギター/ウクレレ 専門店のスタッフブログです。
[973]  [972]  [971]  [970]  [969]  [968]  [967]  [965]  [964]  [963]  [962
横浜大楽器祭も無事に終了致しました。
期間中、多くのお客様がご来店されました。
ありがとうございます。

さて、本日は、コーヒー焙煎ネタをお送りさせて頂きます。

先日のブログで、焙煎初挑戦の様子をお伝え致しましたが、今回は“深煎り”にチャレンジしてみました。
元々、濃い目のコーヒーが好きなため、真っ黒になるまで焙煎し、スモーキーな味わいを楽しんでみたいと考えておりました。

台所で行うと火事の危険性があることや、粉の燃えカスがいたるところに舞い上がりキッチンを汚すため、今回はベランダで行いました。

市販のカセットコンロをベランダに置き、先日ご紹介した焙煎マシンをセット。
深煎りといってもどのタイミングで止めれば良いか未経験の私は勘に頼るしかありません。

10分ほど中火でぐるぐる廻し続けると、豆から煙が出ると共に、パチパチと音をたて始めるのです。
以前はここらへん(豆がほどよく茶色)で止めたのですが、少し弱火にして、廻し続けました。
煙の量、豆が弾ける音が、より激しくなってきます。

豆の色が明らかに黒くなった頃、火を止めました。しばらくは高音の為、廻しながら熱を冷まします。廻している最中も煙がしばらく出続けるのです。

冷めたころを見計らって、ざるに移し、しばらく振ってから、さらにクールダウンさせます。


手で触れても平気なくらいまで冷ましてからお皿に移し、数時間後、Ziploc(ジップロック)に豆を移し替えて、冷蔵庫に入れました。

次の日の朝、早速、挽いてみると、粉は土の様に真っ黒。見るからに濃い目のコーヒーが抽出できそうですが、いつもと同じ分量を淹れてみました。
出来上がり、飲んでみると・・・

ムムム・・・
もちろん、濃いのですが、何と言うか、後味も良くないし、コーヒーの香りも焦げ臭いを通り越して、普通にクサイ・・・という感じで、要するに、マズイのです。

失敗した・・・

要因は恐らく、炒りたての段階で、ほんの少し持ち場を離れて、若干、豆が焦げ付いた事と、単純に焙煎をやりすぎた事だと思います。

次に飲むときに、豆の量を少し減らしてみると、何とか我慢して飲めるくらいでしたが、早く消費して次の焙煎にチャレンジしてみたいと痛感致しました。

失敗は成功の元と言いますが、これに懲りて、焙煎のしすぎ、火力の調整には気をつけようと思います。

では、また!

コーヒーネタはこれからも続きます。









PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]