忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター専門店のブログです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

弦楽器フェアの前日、北海道旅を終え逞しくなった小俣君と猿島へ釣りに行って参りました。

品川から京浜急行で横須賀中央まで行き、三笠桟橋まで徒歩10分。



1時間おきに出ている渡船で猿島へ(約10分)向かいます。



島内は「東京湾を守る要塞」らしく、レンガ造りの洞窟、トンネルが張り巡らされており、弾薬庫、砲台跡などが点在しております。



坂道や階段を上って下りて、若干ハードでしたが釣りポイントに到着。
ほぼ初心者の小俣君とさっそく釣り開始!



20㎏くらいの重い竿を持っているかのような独特なスタイル。

私はリール無しのノベ竿にハリ、ガン玉、ウキだけ付けて投入。
2投目でいきなり釣れました。



小俣君越しに勢いよく飛び跳ねるお魚。
爆釣の予感。
特に今回はビギナーズラックが発動され、小俣君が大物を釣り上げる予定でした。

しかしその後2人揃ってエサ取り(ウミタナゴ)に苦戦。

結局、開始直後のこの一匹以外、釣り上げることが出来ず16時過ぎに納竿。



沈みゆく夕日に雪辱を誓い合い、帰って参りました。

今回の釣りで思ったことは、大きな針でエサを取られ続けるより、小さな針を用意して、エサ取りも片っ端から釣り上げた方が楽しいのではないか?ということです。

というわけで、この考えを即実行するべく、先日、ギター製作家兼釣り師、込山氏と逗子に行って参りました。

その模様は次回。
PR
石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

弦楽器フェア、無事に終了しました。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

木ペグ、シープレス、でもゴルペ板無し、というとても使い道に困る仕様の楽器でしたが、いかがでしたでしょうか。

実はフェア前日に大塚でギター教室を主宰されている吉住先生(※いつもお世話になりまくり)が、ご厚意で雑司ヶ谷にあるホールを借りてくださり、そこにギタリストの金庸太さん(※いつもお世話になりまくり)が駆けつけてくださり、至れり尽くせりの環境で音を聞くことが出来ました。

人、環境、機材がそろえばこうなります。

吉住先生、金さん、本当にありがとうございました。

来年の弦楽器フェアも皆様よろしくお願い致します。





石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

そんなこんなで弦楽器フェア出展ギターが完成しました。



目標体重には25g届かずですが、1,125gでそこそこ軽量です。

やりたいことはやりきったと思います。

皆様、弦楽器フェアでお会いしましょう!
石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

最低限の釣り道具を持ち、若洲海浜公園まで偵察に行って参りました。 

到着したのが平日の16時ということもあり、閑散としているのかと思いきや、意外と竿が出ています。



釣り用の防波堤がゲートブリッジ下にながーくのびており、正面には東京のビル群、東京タワー、スカイツリー、遠くには富士山も見えます。

皆様ルアーでシーバス、フカセでチヌ、ウキでメバル狙い、といった感じです。

とりあえず道糸にサルカン、ガン玉、針だけでチヌを釣り上げようと準備を開始しましたが、この時点で日没していました。

25m間隔くらいで街灯がありますのでその隣で仕掛けを用意し、釣り開始。
この釣りは、エサを水中に自然に漂わせることで警戒心の強い魚を釣り上げる為、ウキのような目印もなく、おもりも軽いので竿先に感覚もありません。

たよりは水面部分のたるんだ糸の動きのみ。しっかりと糸の状況を見なくてはなりません。

糸が左右に振れる、糸が円を描く、糸がピンッと伸びる、等々。

暗くて全く見えません。

次回ヘッドライト必須。



しかしこの景色はなかなか良いもので、ライトアップされたゲートブリッジ横を着陸態勢の飛行機が次々に通過していきます。

風景写真を撮影に来ている人も沢山いました。

次回、フル装備で臨みます。
石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

前回お伝えしたとおり、釣りに行こう!と思い準備をしております。
これまで私は投げ釣りと穴釣りの2種類を極めて参りました。

釣りには毎回2本の竿を用意し、1本目は投げの仕掛けにイソメちゃんをつけてブン投げて放置しておきます。(最高記録はマゴチ約60センチ)
2本目の竿は1.2m程の短い竿で生きたエビを付けて、足元に落としては上げる、落とす上げるの繰り返しです。(最高記録はカサゴ約30センチ)

この戦法であれば、何も釣れないということはまずありません。(東京湾以外)

で、今回もこれで連戦連敗の東京湾に挑もうと思っていたのですが、先日釣り番組を見ていたところ、「ウキ釣り」が紹介されており、そのいかにも「釣り師」という雰囲気に「これだ!」と思い、ウキ釣りの準備を進めております。

魚がいそうな所をひたすら動き回って釣るのではなく、エサを撒いて魚を集めて釣る。
自分は動かず、魚を動かして釣る。

これで連敗ストップ間違いないでしょう。
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]