忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター/Martin K.Yairi アコースティックギター/ウクレレ 専門店のスタッフブログです。
[217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [211]  [210]  [208]  [207]  [205]  [204


久しぶりのオススメ本コーナーです。
 
横溝正史著「本陣殺人事件」
 
ストーリー
 
江戸時代からの宿場本陣の旧家、一柳家。その婚礼の夜に響き渡った、ただならぬ人の悲鳴と琴の音。離れ座敷では新郎新婦が血まみれになって、惨殺されていた。枕元には、家宝の名琴と三本指の血痕のついた金屏風が残され、一面に降り積もった雪は、離れ座敷を完全な密室にしていた……。金田一耕助、初登場の作品。
 
日本が誇る名探偵「金田一耕助」といえば、「犬神家の一族」「獄門島」「悪魔の手毬唄」などを連想されるかもしれませんが、後に大活躍する名探偵金田一、戦後最初の事件です。
 
探偵物の王道である密室ネタには大きく分けて二通りのトリック(仕掛け)があります。
一つは、心理を逆手にとった“心理的トリック”
もう一つは物質を巧みに操り仕掛けを施す“機械式トリック”
 
この「本陣殺人事件」のトリックは後者ですが、私は一度読んだだけではいまいち機械的構造が理解できず、映像化されているもの(たしか古谷一行氏主演)を観て、その複雑な仕掛けに圧倒されました。
 
密室の構成だけでは無く、いかにも日本的な田舎の因習、戦後の何となく暗い雰囲気、個性的な登場人物など、読みどころは沢山あります。
 
日本推理小説(この時代は探偵小説と称していた)の元祖、教科書ともいえる横溝正史の金字塔的作品。
 
ちなみに、金田一耕助は様々な俳優が演じておりますが、皆様は誰を推しますか?
少し前ではスマップの草薙君や豊川悦司さんも演じており、ドラマ、映画を合わせれば10人以上はいる金田一耕助に、最も適役と感じるのはやはり石坂浩二さんでしょう!(個人的見解ですが)知性と、ドジッぽいところがうまく共存してますよね。
 
この時代が舞台になっている本や映画は新鮮で面白いです。







 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]