忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター/Martin K.Yairi アコースティックギター/ウクレレ 専門店のスタッフブログです。
[29]  [28]  [27]  [26]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [17


 最近、石井の小部屋スペシャルに登場する機会がめっきり減った小部屋管理人の石井です。
私が登場しなくても濱砂氏を筆頭に邦画担当栗山氏、新人の小俣君などが、石井の小部屋にて縦横無尽に活躍しているので、登場する機会が減っておりましたが、やはりこのブログの主役として出来るだけ多く登場したいと思います。本日、濱砂氏がお昼に更新して夕方にはスペシャルな事が!などと書いておりましたが、スペシャルな事とは単に、私が、久しぶりにブログを更新するという事でした。すみません・・・
 

本日はおススメ本コーナーです。
 
ジョー・R・ランズデール著「ボトムズ」
 
ストーリー
80歳を過ぎた老人が、11歳の夏に起こった事件を回想するという内容です。暗い森に迷い込んだ主人公の少年が伝説の怪物“ゴードマン”に遭遇し必死の思いで逃げ延びたのですが、そこにはなんと!黒人女性の全裸死体が・・・
親には内緒で恐怖と戦いながらも事件の真相を解明しようとする少年の日々を描いた傑作。
 
大恐慌時代の1930年代、テキサス東部が舞台ですが、保安官を父に持つ好奇心旺盛で観察眼に優れた少年が事件解決を目論むのです。この時代は黒人差別、偏見などが当たり前のように浸透しており、KKK(クー・クラックス・クラン)なんかも出てきて黒人をリンチしたりします。
 
猟奇的な殺人事件が主題となっておりますが、少年の視点で描かれていることや、時代背景や自然の描写などが見事に描かれており、特に、“暗い森から何か出てくるのでは?”と読者にぞくぞくする緊張を与えるのは作者の力量を物語っております。
 
終章、主人公の少年が老人になり回想しているあたりに、事件後の登場人物のその後が淡々と語られ、あの時代に戻りたくても二度と戻れない苦しくなるような切なさが伝わってきます。
スタンド・バイ・ミーを観て感じたような、「ああ・・・そういえば子供のころあんな風に思ったな・・」というようなノスタルジックな気持ちと邂逅します。少年期などを回想して読者を切ない気持ちにさせる小説はいくらでもあると思うのですが、他とは比べ物にならないほど記憶に残る本です。
 
この作品にて、アメリカ探偵クラブ賞最優秀賞(エドガー賞)を受賞した作者の知名度は日本ではそれほどでも無いようですが、この人の文章力は目を見張るものがあります。
 
おススメ本でした。

石井










PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]