忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター/Martin K.Yairi アコースティックギター/ウクレレ 専門店のスタッフブログです。
[255]  [254]  [253]  [252]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [242
←これを読めばインド通に!


 本日は久しぶりにオススメ本です。
 
ゲッツ板谷著「インド怪人紀行」
 
この本はゲッツ板谷が、友人の鴨志田譲らと共に、インドを40日間旅した抱腹絶倒の記録です。そもそも、「インドにハマる者は何にハマるのか?」そんな疑問を解消すべく旅立った一行は、道中、底辺で生活している人、麻薬、詐欺、盗人なども含めて様々な困難に遭遇。
 
ドラッグをどのように手に入れ、その効用、仲間の変貌ぶりなど面白可笑しく記しておりますが、この本をインドに行く際の観光ガイドブックなどにするのは絶対に止めた方が良いでしょう!インドが題材になっている本は多数ありますが、この本は綺麗ごとを並べた観光ガイドブックでは無く、アンダーグランドな要素が多分にあります。
 
薬でハイテンションになる仲間、飲料水が合わず体調不良を起こしたり、夜の街での様子、仲間との不和、その中にも流麗な景色があったりと、とにかく何でもありの紀行文です。
 
インドには汚い物から綺麗な物、すべての物があると何かに書いてありましたが、その、何でもあるインドの、特に汚い物にスポットを当てています。
 
また、旅に同行している写真家の鴨志田譲は、漫画家で「毎日かあさん」等で有名な西原理恵子の元夫で、後にアルコール依存症、癌により42歳という若さで死去。この「カモちゃん」もかなり良いキャラクターしております。キレやすい性格ですが、セリフが物事の確信をついており、著者のゲッツ板谷と何とも言えぬ良いコンビを形成しています。この本が契機で写真家としての経歴なども調べてみましたが、波瀾万丈でビックリ!
今後も活躍したであろう実力のある写真家なだけにとても悔やまれます。
 
作者のゲッツ板谷は現在も文筆業を中心に活躍中。この紀行シリーズでは他に、タイ、ベトナムがありますので良かったらご一緒にどうぞ!







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]