忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター専門店のブログです。
[1]  [2]  [3]  [4
さてさて。
ブログの時間がやってまいりましたよ!!
クロサワ楽器の小俣です。

本日、出勤してみると、フロアが何か違う??

なんか多い。

ギターの本数が多くなってる???

そう、ホアンエルナンデスが入荷しておりました!!

突然のことでビックリです。


そして、見慣れたお馴染みのホアンさんのモデルの中に一際目立つ商品が・・・・

そう、「お・ま・たカスタム」です。

以前からから練りにねっていたカスタムモデルが、満を持して、昨日、緊急入荷となりました!!






カスタムはこの二本です。
赤と白で紅白をイメージしたのですが、右は茶色の印象ですね(^^;)

左の商品がエレガットです。
右の商品はクラシックギターですが、弦長やボディサイズを小振りになっております。


エレガットの拡大写真です。



この情熱の赤(バインディング)が興奮ポイントです(写真だとわかりづらいですが...)。
JuanHernandez氏は私の要望通り、バインディングの色を変更してくれました!




エレガットなので、もちろんプリアンプを搭載しております。
マイクとピエゾをブレンドできるフィッシュマンのプリアンプです。


情熱の赤をイメージしただけあって、
音も元気で爆発的です!
クラシックギターとか気にせず、Jazz、Popミュージック、私の大好きなフォルクローレ、
もちろん他楽器と合奏などして、
ライブハウスとかでガンガン元気に活躍してもらえると幸いです!!






対照的に、こちらの白のギターは、
ボディも小振りで、音質も見た目も、
予想以上に落ち着いており上品な印象です。


撮影の角度が悪かったのですが、
裏板も白く、綺麗なメイプル材です。



極めつけは、当ギターの塗装です。
ホアンさんは通常モデルではウレタン塗装を使用しておりますが、
コチラの商品はなんと、セラック塗装です。
非常に綺麗に塗っており、
当店リペアマンの栗山氏からも「綺麗だねぇ」と称賛の言葉が!!

ホアン工房のセラック品は音の抜けも良く、歯切れも良い印象ですが、
こちらの商品は、甘く艶やかに鳴り、音も抜けすぎず上品な風合いで、
また弦長も短いことから、とてもよい弾き心地です。

この綺麗な白いギターでリラックスしながら
クラシック音楽を奏でてみてはいかがでしょうか?

ホアン・エルナンデスさん、素敵なカスタム品を作製頂き、ありがとうございました!!



【仕様】


表板:松
横裏板:メイプル
弦長640mm
セラック塗装


表板:杉
横裏板:ローズウッド
弦長650mm
フィッシュマンのプリアンプ搭載
ウレタン塗装
PR
ギターケースは重要ですね。ご自宅でギターを保管しておくとき、持ち運ぶときなど様々な場面でさりげなく、かつ重要な役割を担うギターケースについて今日はお送りします。

クラシックギター用のケースは大きく分けて、ハードケース、セミハードケース、ソフトケースに分類されます。
最近の主流はセミハードケースでしょう!
軽くて持ち運びにも便利、中に発泡スチロールが入っているものがほとんどで、ケースの中でギターが動かないように固定してあれば倒した時の衝撃などは出来るだけ逃がすようになっております。セミハードケースでは代表的なもので、スーパーライトケース、MAC-150ケース等があり、当社輸入のガオシジアセミハードケースなんて軽くてオススメです。



↑ガオシジアセミハードケース

一方、ハードケースは重たく、うっかり倒してしまった時はギターに対しての衝撃が伝わりやすいのです。しかし、ケースに対してゆっくりと重圧がかかるような場合には、ハードケースの強さを発揮し、圧迫で潰れないようにギターを保護するのです。


 
↑BAMケース

ハードケースではBAMケース、ヒスコックスケース、アランフェスケース等、人気が高く、最近では当社も輸入を始めたGEWAのカーボンケースも非常にお薦めです。

 
↑ヒスコックスケース メーカーホームページからですが、名器を入れてこれを
試す勇気は・・・

使い方としては、ご自宅保管用にハードケースを使用し、移動用でセミハードケースを使う方などもいます。もちろんデザイン的な好みなどもあると思いますので、まずはご来店を頂き当店スタッフまでご相談ください。

古いハードケースなどを長らくご使用されている方なども気分一新してケースを買い換えてみてはいかがでしょうか。もちろん、古くて使えなくなったケースなどはこちらで処分をさせていただきます。









 

今日のブログは、専門ルームを改装中、続々入荷中のエレガットにスポットをあててお送りします。

エレガットは、その名の示す通り、エレクトリックなガットギターの事を指します。

何故、エレクトリックの仕様にしなければならないか?

大きなホールで演奏する、余計な音を拾わずに録音したい、等の理由が真っ先に思い浮かびますが、要するにアンプに接続して、音を増幅し、小さな部屋から大きなホールまで大音量で鳴らすことが出来るのです。大きな音で鳴らせるという事は、バンド演奏にも使用することができ、他の楽器の音量に負けることも無いわけです。
また、ラインでレコーディング機器などに直接接続が出来るため、マイク録音の時のように余計な音(ノイズ)などが少ない状態で録音をお楽しみいただけます。

基本的には、1弦ハイポジションのあたりにくびれがあるカッタウェイ仕様の物が多く、6弦側の側面に音色をコントロールするプリアンプが組み込まれております。

音を拾う部分であるピックアップですが、サドルの下に敷いてある薄い板が振動を読み取り、そこから音を拾うのです。振動で拾うアンダーサドルのピックアップは「ピエゾ」という呼び名があります。また、搭載されているプリアンプによっては、このピエゾの部分と、コンデンサマイクの2種類が併用できるものがあります。この、コンデンサマイクとは、単純に音を拾ってくれるあのマイクがとても小さくなり、さらに感度が良くなった物です。


  
↑ピエゾのみのプリアンプ「ClasicaⅢ」



 
↑サドル部分を外すと、こんなのが出てきます(写真右)この部分で音を拾うわけです。



音色の傾向として、ピエゾはサドルの下にあるため、ややパリッとした固めの音色。
コンデンサマイクの方は、ピエゾに比べたら生音に近い印象です。箱の「空気感」「エアー感」があるなんて表現したりもします。


 
↑ピエゾとマイクの2WAY仕様のプリアンプ、定番の「Clasica blend」
ガチャっと開けて、電池の上に見える丸いのがコンデンサマイクです。
小さいながらもかなりの高性能。

また、エレガットは、アコギユーザー、エレキギターユーザーなどの需要も多いため、先ほどの述べたカッタウェイ仕様、ナットの幅が狭く握りやすいもの、ボディがエレキギターの様に薄くて抱えやすいなど、様々なモデルが発売されております。

エレガットは、生音だけの純粋なクラシックギターに比べたら音が悪いという考えを持っているお客様も少なからずおりますが、スペイン製のエレガットは、エレガットでありながら生音もかなり良いので、一度お試しいただければと思います。

中でも個人的にオススメなのが、ホアン・エルナンデスの「サンバ」です。↓
http://www.kurosawagakki.com/items/detail/239700.html


非常に明るい音色で、アンプに接続したときにも、音の明るさ、張り、透明感も際立っておりますので、良いエレガットをお探しの方は是非とも演奏してみてください。

これからは、エレガット情報を頻繁に発信していきます。

では、また明日!











←早くしないと売り切れます。

ホアン・エルナンデス「ロマニリョスモデル」http://www.kurosawagakki.com/items/detail/178749.html人気のモデルですが、残り1本となってしまいました。ホアン・エルナンデスは通常のモデルは少やや大ぶりのボディ、音量、低音がはっきりとしており、いかにもスペイン的な明るい音色をもったギターです。比べて、こちらのロマニリョスモデルはイギリスの銘器ホセ・ルイス・ロマニリョスを模倣した特別モデルで、ボディも少し小振り、音色も派手に鳴る感じではなく、やや硬質で色気があります。

現在、当店にあるいる1本しか新品の在庫はございません。

次回入荷は11月になってしまうかもしれません。

夏休みに入る前に是非ご来店いただきお試しください。

明日はホアン・エルナンデス大量入荷です(ロマニリョスモデルは入りませんが・・・)

売り切れが続いておりましたエステューディオモデルもようやく入りますので楽しみです。


明日のブログの方もご期待ください。

栗山氏が近況を面白おかしく報告してくれます。

では、また明日。







小部屋SPをご覧の皆様こんにちは。
内田のあのプレーがなぜファールなのか、未だに釈然としない栗山です。
 
W杯予選、盛り上がっていますね!
いつの間にかえらく強くなっていて驚きです。
ちょっと前に連敗したとき、ザック監督が急激にやつれて10歳くらい年を取ったように見えましたが、この3連戦で10歳くらい若返り、元に戻りました。祝!
今後のゲームがますます楽しみです。
 
ところで、明後日16日いよいよパウリーノ・ベルナベ氏が来日され、14時から当店で講演会を開催致します。
現在ベルナベ氏の来日に合わせ「パウリーノ・ベルナベフェスティバル2012」を開催しております。
今日はそのセールでのオススメの1本をご紹介いたします。
 
「パウリーノ・ベルナベ 1995年 松・ハカランダ \1,280,000(税込)」
 
こちらの楽器はベルナベギターが現在のような「コンシェルト」「エスペシャル」「インペリアル」等、クラス分けの表示をしていない年代の楽器の為、ラベルにはクラス・モデル名などの表示はありませんが、表板裏板の力木、横板の構造、糸巻き等から、現在の「インペリアル~ロイヤル」のクラスに相当することがわかります。
 
ベルナベギターの特徴である力強さに加え、ゆとりのある高音が特徴です。
ハイポジションでもストレスが殆ど無く、自然に響きます。
 
感動…
 
ご来店の際は、ぜひ一度、お確かめください。
 

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]