忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター/Martin K.Yairi アコースティックギター/ウクレレ 専門店のスタッフブログです。
[587]  [586]  [585]  [584]  [583]  [581]  [580]  [579]  [578]  [577]  [576
ギターケースは重要ですね。ご自宅でギターを保管しておくとき、持ち運ぶときなど様々な場面でさりげなく、かつ重要な役割を担うギターケースについて今日はお送りします。

クラシックギター用のケースは大きく分けて、ハードケース、セミハードケース、ソフトケースに分類されます。
最近の主流はセミハードケースでしょう!
軽くて持ち運びにも便利、中に発泡スチロールが入っているものがほとんどで、ケースの中でギターが動かないように固定してあれば倒した時の衝撃などは出来るだけ逃がすようになっております。セミハードケースでは代表的なもので、スーパーライトケース、MAC-150ケース等があり、当社輸入のガオシジアセミハードケースなんて軽くてオススメです。



↑ガオシジアセミハードケース

一方、ハードケースは重たく、うっかり倒してしまった時はギターに対しての衝撃が伝わりやすいのです。しかし、ケースに対してゆっくりと重圧がかかるような場合には、ハードケースの強さを発揮し、圧迫で潰れないようにギターを保護するのです。


 
↑BAMケース

ハードケースではBAMケース、ヒスコックスケース、アランフェスケース等、人気が高く、最近では当社も輸入を始めたGEWAのカーボンケースも非常にお薦めです。

 
↑ヒスコックスケース メーカーホームページからですが、名器を入れてこれを
試す勇気は・・・

使い方としては、ご自宅保管用にハードケースを使用し、移動用でセミハードケースを使う方などもいます。もちろんデザイン的な好みなどもあると思いますので、まずはご来店を頂き当店スタッフまでご相談ください。

古いハードケースなどを長らくご使用されている方なども気分一新してケースを買い換えてみてはいかがでしょうか。もちろん、古くて使えなくなったケースなどはこちらで処分をさせていただきます。









PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]