忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター/Martin K.Yairi アコースティックギター/ウクレレ 専門店のスタッフブログです。
[523]  [522]  [521]  [520]  [518]  [517]  [516]  [515]  [514]  [512]  [510
 

今日のブログは、専門ルームを改装中、続々入荷中のエレガットにスポットをあててお送りします。

エレガットは、その名の示す通り、エレクトリックなガットギターの事を指します。

何故、エレクトリックの仕様にしなければならないか?

大きなホールで演奏する、余計な音を拾わずに録音したい、等の理由が真っ先に思い浮かびますが、要するにアンプに接続して、音を増幅し、小さな部屋から大きなホールまで大音量で鳴らすことが出来るのです。大きな音で鳴らせるという事は、バンド演奏にも使用することができ、他の楽器の音量に負けることも無いわけです。
また、ラインでレコーディング機器などに直接接続が出来るため、マイク録音の時のように余計な音(ノイズ)などが少ない状態で録音をお楽しみいただけます。

基本的には、1弦ハイポジションのあたりにくびれがあるカッタウェイ仕様の物が多く、6弦側の側面に音色をコントロールするプリアンプが組み込まれております。

音を拾う部分であるピックアップですが、サドルの下に敷いてある薄い板が振動を読み取り、そこから音を拾うのです。振動で拾うアンダーサドルのピックアップは「ピエゾ」という呼び名があります。また、搭載されているプリアンプによっては、このピエゾの部分と、コンデンサマイクの2種類が併用できるものがあります。この、コンデンサマイクとは、単純に音を拾ってくれるあのマイクがとても小さくなり、さらに感度が良くなった物です。


  
↑ピエゾのみのプリアンプ「ClasicaⅢ」



 
↑サドル部分を外すと、こんなのが出てきます(写真右)この部分で音を拾うわけです。



音色の傾向として、ピエゾはサドルの下にあるため、ややパリッとした固めの音色。
コンデンサマイクの方は、ピエゾに比べたら生音に近い印象です。箱の「空気感」「エアー感」があるなんて表現したりもします。


 
↑ピエゾとマイクの2WAY仕様のプリアンプ、定番の「Clasica blend」
ガチャっと開けて、電池の上に見える丸いのがコンデンサマイクです。
小さいながらもかなりの高性能。

また、エレガットは、アコギユーザー、エレキギターユーザーなどの需要も多いため、先ほどの述べたカッタウェイ仕様、ナットの幅が狭く握りやすいもの、ボディがエレキギターの様に薄くて抱えやすいなど、様々なモデルが発売されております。

エレガットは、生音だけの純粋なクラシックギターに比べたら音が悪いという考えを持っているお客様も少なからずおりますが、スペイン製のエレガットは、エレガットでありながら生音もかなり良いので、一度お試しいただければと思います。

中でも個人的にオススメなのが、ホアン・エルナンデスの「サンバ」です。↓
http://www.kurosawagakki.com/items/detail/239700.html


非常に明るい音色で、アンプに接続したときにも、音の明るさ、張り、透明感も際立っておりますので、良いエレガットをお探しの方は是非とも演奏してみてください。

これからは、エレガット情報を頻繁に発信していきます。

では、また明日!











PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]