忍者ブログ
日本最大級!クラシックギター/Martin K.Yairi アコースティックギター/ウクレレ 専門店のスタッフブログです。
[762]  [761]  [760]  [759]  [758]  [757]  [756]  [754]  [753]  [751]  [750


先日発売のアコギ専門誌「アコースティックギターマガジン」に、わたくし石井が登場ささせていただきました。

この雑誌は、3カ月に一度発売する雑誌で、アコースティックギターの魅力を様々な角度から掘り下げてお伝えしている、専門誌の中の専門誌なのです。


そんな専門誌に、なぜ私が登場したかと言いますと、ガットギターをもっとアコギユーザーにも知っていただくという事で、ギタリストの伊藤ゴローさんと対談をさせていただきました。伊藤ゴローさんは、作曲家、ギタリストで、坂本龍一さん、細野晴巨さん、高橋幸宏さんとの共演や、原田知世さんのアルバムをプロデュース(楽曲も提供)、2013年末には3枚目のソロアルバムも発表という、名実ともにトップの音楽家なのです。

今回の対談では、ガットギター(クラシックギター)は、敷居の高いものではなく、自由に弾ける楽器であるという事を解りやすくお話しいただきました。

当日は、アコギマガジン、ライターの方、カメラマンの方もお越しいただき、抜群のセッティングにてインタビュー、対談は開始しました。2ページにわたり伊藤さんのコメントが掲載されておりますが、実際に弾いてコメントを頂いた、グレッグ・スモールマン、パウリーノ・ベルナベ、ハウザー3世には、Ishii‘s commentという私の解説も入っております。


かなり長々と楽器の話をしてしまったかと思ったのですが、さすがはプロのライターさん、私の説明を出来るだけ解りやすくして載せてくれました。伊藤さんの素晴らしい演奏と、物腰の柔らかい魅力的な人柄のおかげでとても貴重な時間を過ごすことができ、2時間近く行った対談もあっという間に時間が経過したのでした。

このブログをご覧いただいている方は、クラシックギター好きの方が多いと思いますので、アコギマガジンはあまり手に取らない方が多いと思いますが、この機会に是非ご覧ください。

クラシックギターは敷居が高いと思われている方が多いので、アコギユーザーである読者の方が一人でも多く、クラシックギターに目を向けてくれる事を願います。







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[08/24 ヤマモト]
[08/13 森川進二]
[07/20 たなか]
[05/20 山本のりこ]
[02/22 愛川清]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロア
性別:
非公開
自己紹介:
東京都新宿区新大久保のクロサワ楽器日本総本店は、地上3階・地下1階の各フロアがそれぞれ日本最大クラスの専門店です。各フロアには専門のリペアマンが常駐、リペアブースも完備していますので、楽器の修理・調整に関することもおまかせください。
通販でもきっちりと調整・検品させて頂きますので安心してお買物をお楽しみください。
バーコード
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]